2007年07月25日

親日台湾人の中国観3

 今回ご紹介している著者は、ほとんどの日本人は、中国人の民族性を全く理解していないと嘆いています。日本国内、或は日本人同士では、日本人の
交際マナーはすばらしいものがあると思いますが、他民族を相手にする場合は、その民族性を十分把握した対応が必要でしょう。特に中国のような民族を相手の場合は、日本人の美徳がことごとく悪用、利用されているようです。
楊應吟氏の著「素晴らしかった日本の先生とその教育」という本の中から、氏の中国観が記されている部分を引用してみます。
写真は2005年9月知覧特攻平和会館にて
ouyogin3.jpg

引用開始
法の通用しない中国
 中国は今、「大国」になったと自負しているようですが、「大国」に相応しい内実かどうかはわかりません。賄賂の横行、貧富の差が激しいことなどで、人民の中には不満が渦巻いていると伝えられています。
 共産党の幹部は不正や汚職ばかりで、人民の信頼を失い。沿岸は金持ち、内陸は貧乏で、頻繁に地方では暴動のようなことが起き、内乱が起きかねない状態とも言われています。
 人民の不満は、当然、政府、中国共産党に向けられます。共産党は、そうした国内問題があって、その敵愾心をどこに持っていくかというと、「台湾と戦争をおこそう」と外に目を持っていきます。しかし、台湾と利害関係があって利益を得ている沿岸の人達が「起こすな」と反対します。 北朝鮮は仲が良いので攻撃する対象ではなく、韓国に対しては、最近は日本への攻撃で使える相手ですし、口を出し切りません。ロシアは強いから手を出しかねます。そうなると、日本は小さく、しかも日支事変をやった国で報復してやりたいという気持ちもある、そして日本は金持ちだから謝らせたら金を貰えると、これ程都合の良い標的はないわけです。

 中国はアメリカに反感を持っていますが、アメリカを相手にはしません。なぜなら強いですから、下手をして、あまり強く言うと自分の立場が悪くなります。だから言えないのです。
 しかし、日本に対しては、潜水艦で領域を侵して、日本が「謝れ」といっても謝らず。日本も黙ってしまったので、「これは大丈夫」と見縊ったと思います。日本は戦争をしないと宣言し、憲法でも謳っているから、絶対安全だと思って吼えるのです。「吼える犬は噛まない」と言いますから、吼えても別に何ともないので放っておけば良いものの、日本は真に受けて、大人しくしています。こうして中国は益々図に乗ってきます。中国の増長は、日本自身にも責任があることです。
 また、中国は人に謝ってはいけないという観念が非常に強い国です。今まで謝ったことは恐らく一回もないでしょう。そして主張することだけは主張する、こじつけの理由を作って、絶対に謝ることはありません。それを日本人は知りません。
 先だっての「反日デモ」が良い例です。あのような大きな反日運動をやって、日本の領事館のガラス窓を割り、日本企業の看板は全部破壊し、傷害事件はそんなになかったかも知れませんが、駐在している日本人は、大っぴらに日本人であるということを言えなくなりました。・・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 書棚の中の中国