2007年07月10日

支那事変海軍従軍記者電

長谷川司令長官声明

 昭和十二年十二月十八日発刊の、「各社特派員決死の筆陣『支那事変戦史』」という本があります。約750ページにもなる分厚い本ですが、昭和十二年七月の盧溝橋事件から十月末の上海事変ころまでの特電を集めたもので、当時の事件が生々しく伝わってきます。日本軍を執拗に挑発し、和平を阻害する裏には、ソ連と中国共産党の策謀そしてアメリカの蒋介石援助があることは周知の通りです。
では、事件毎に一部を抜き出して引用してみましょう。時は昭和十二年のことです。
写真は戦跡視察の長谷川司令長官
shaighai4.jpg

引用開始
【上海十四日(八月)発同盟】
 長谷川第三艦隊司令長官は本日午後次の重大声明を発表した。
 支那軍隊の挑戦的攻撃をうけたる我が第三艦隊は自衛のため必要とする処置を執るの已むなきに至れり、仍って支那軍隊の占拠する地域及びその軍用施設付近にある一般住民は直ちに右以外の適当なる地に転居せんことを勧告す。
昭和十二年八月十四日
長谷川第三艦隊司令長官

【上海十五日発同盟】
 (海軍武官室午後六時半発表)

(一)十五日午前十時わが海上航空部隊は銀翼数十機を連ね杭州を空襲、壮絶なる空中戦を演じ敵の戦闘機約十機を撃破し地上飛行機全部を撃破せり。
(一)正午ごろ海軍○○空襲部隊は猛烈なる悪天候を冒し暴風雨中の南昌を空襲し重爆弾数十個を投下、折柄地上に待機中の敵機数十機を撃破、何れも無事帰還せり。
(一)午後わが海軍○○空襲部隊は敵の首都南京の飛行場を空襲し多大の損害を与えた。敵は無電台を通じてSOSを発し各地に応援を求めていたが、情報によれば蒋介石は周章狼狽し首脳部と謀議中と伝えらる。なおわが飛行機は全部帰還(東日十五日号外)

首都南京を震撼し大空中戦展開
【上海十五日発同盟】

 十五日午後荒天の支那海を翔破し来った海軍航空隊により敢行された南京飛行場襲撃は壮絶を極めたもので、雲低く垂れた南京上空に爆音勇しく銀翼を連ねた海軍機が紫金山をかすめて現れた時は、南京全市を震撼せしめ、市内外に装置された高射砲、高射機関銃は一斉に火蓋を切られ、轟々たる砲声は我飛行機より投下する爆弾炸裂の轟音と相俟って首都南京の天地に轟き渡った。我空襲隊は約一千四百メートルの高度を保ちつつ見事に機翼を連ねて前後三回に亘り故宮飛行場、光華門外軍用飛行場格納庫及び多数の飛行機を完全に爆破し、数機は家屋の屋根をすれすれに低空飛行を敢行したとのことである。かくて応援にかけつけた支那軍飛行機約十台と壮烈な空中戦を演じ、その大半を墜落せしめた後、悠々長距離を翔破、我海軍空軍の偉力を思う存分発揮して無事根拠地に帰還。我戦史上空前の貴重な記録を印した。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の支那事変