2007年07月07日

支那軍上海爆撃の特電

数万の避難民に爆弾投下

 昭和十二年十二月十八日発刊の、「各社特派員決死の筆陣『支那事変戦史』」という本があります。約750ページにもなる分厚い本ですが、昭和十二年七月の盧溝橋事件から十月末の上海事変ころまでの特電を集めたもので、当時の事件が生々しく伝わってきます。日本軍を執拗に挑発し、和平を阻害する裏には、ソ連と中国共産党の策謀そしてアメリカの蒋介石援助があることは周知の通りです。
では、事件毎に一部を抜き出して引用してみましょう。時は昭和十二年のことです。
写真は戦友の霊の弔い
shaighai2.jpg

引用開始
【上海十四日(昭和十二年八月)発同盟】
 午後四時半支那側の連続的空爆でバンド北京路先の埠頭に落下した爆弾は、折柄午前中の空爆で虹口、楊樹浦方面から殺到した数万の避難民の真中に落下し、死傷者無数、上海随一の華麗街南京路上は死傷者の鮮血で真赤になり、或は片手を奪われ或は頭をやられた瀕死の重傷者が血の雨の中を這い廻り上海一の国際社交場カセイ、パレス両ホテルに宿泊中の外国婦人等がめちゃめちゃに粉砕された窓ガラスに傷ついて狂気のように泣きわめいて、道路いっぱい身動きのならぬような混乱の中から逃れようとして踏み殺された小児等、思わず目を蔽わしめる惨状である。

【上海十四日発同盟】
 支那軍の空爆によって最も惨劇を呈しているのは上海目抜きのカセイホテル、パレスホテル一帯で、南京路カセイホテル玄関前に二発落下し、避難民殺到中だったため死者百数十名負傷者百名を出し、街道は死の山、数十台の自動車は粉砕され名状すべからざる惨状である。未曾有の惨事といっても過言にあらず、その惨劇は語るに絶するものあり。目下各国の救護班が出動、死傷者を収容中である(以上十四日朝日号外)。

不法支那に各国憤慨

【上海十四日発同盟】
 血迷った支那軍は上海全市にところかまわず無数の爆弾を投下、外国人、支那人多数を殺傷しつつあり、この残虐行為に各国領事団は早くも活動を開始し、不法極まる支那の責任を厳重に問わんとしつつあり。

【上海読売特電十四日発至急報】
 十四日午前十時支那空軍重爆機三機編隊でわが陸戦隊本部を襲撃し、わが方は高射砲、高射機関銃で猛撃、同十五分虹口地帯に飛来、居留民密集地帯に爆弾投下、更に同二十分八機編成で虹口に飛来爆弾投下、目下高射砲で一斉射撃を加えている。支那飛行機の投下せる爆弾の一つはわが総領事館に隣接せる招商局碼頭付近に落下、目下火災中、右は総領事館○○を狙ったものである。支那空軍の爆弾投下の報に○○○○に待機中の我が空軍は直ちにこれを撃滅すべく出動し敵陣めがけて盛に爆弾を投下し北支事変以来最初の壮烈なる空中戦は茲に愈よ展開された。

爆音渦巻く上海!
上海十四日発・都特派員 原 勝

 在留邦人三万は日本人小学校、東本願寺に避難して、不安と恐怖の中に十三日の夜を迎えた。夜来台風のあおりを受けて雲行き怪しく、今暁四時ごろからは本格的の暴風雨と化した。籠城している避難の邦人は刻々の情勢に一喜一憂、蒼醒めた顔を見合って全く生きた心持もしない有様だ。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 書棚の中の支那事変