2007年06月26日

盧溝橋特派員特電2

シナ軍の梅津、何応欽協定蹂躙

 昭和十二年十二月十八日発刊の、「各社特派員決死の筆陣『支那事変戦史』」という本があります。約750ページにもなる分厚い本ですが、昭和十二年七月の盧溝橋事件から十月末の上海事変ころまでの特電を集めたもので、当時の事件が生々しく伝わってきます。では、事件毎に一部を抜き出して引用してみましょう。時は昭和十二年のことです。日本が侵略したなどとの宣伝に惑わされないようにしたいものです。
写真は事件の発端盧溝橋tokuden01.JPG

引用開始
【天津十日発同盟】
 蒋介石が中央軍に河南省境出動命令を発出したことは梅津、何応欽協定を蹂躙するものに外ならず、且つ第二十九軍に対する断乎交戦せよとの激励電の如き南京の中央政府の態度は口に不拡大を唱えその誠意皆無なるを証明するものとして我軍当局はいたく憤慨している。

盧溝橋十日発・朝日特派員 奥村正雄 
 盧溝橋第一線の状況視察のため記者は八日(七月)午後一時四十五分天津発軍用列車で河邊部隊長、高見救護班長等と共に現地に急行した。午後四時三十五分豊台に到着、直に軍用トラックで兵士達と共に第一線盧溝橋駅に出発した。
 豊台市街に通りかかるとかねて我が軍によって守られる支那住民がしばしば手を打ち振って我々を見送る。平漢線踏切を越える頃豆を煎るような銃声が物凄く耳朶を打つ。幾度か銃弾に脅かされつつ漸く第一線盧溝橋駅に到着した。

 我軍の猛撃により盧溝橋県城に後退した二十九軍はなおも城壁を利用して盛んに迫撃砲、機関銃を我が陣地に浴びせ、盧溝橋駅付近一帯は砲煙弾雨の巷と化している。記者は先ず戦況如何と盧溝橋駅構内に夕食中の北平牟田口隊長を訪問した。
 北平部隊幹部の面々が砲、銃声を他所に一升瓶に詰められたお茶を飲みながら大きな握り飯をむさぼるように頬ばっている。その間刻々戦況が報ぜられて来る。
 夕闇迫る頃あいより、我が方より猛烈なる砲撃が加えられ支那軍に多大の損害を与えた模様であるが、支那軍もかつて見ざる頑強な抵抗を行い我軍の意気を却って高らしめるものがある。

 午後八時平漢線に沿うて散開した我が歩兵部隊から敵の迫撃砲により重傷を負うた豊台部隊佐藤准尉が、小林軍医中尉以下看護兵数名に護られて盧溝橋駅に送られて来た。大腿部、足部、上膊部五ヶ所に盲貫銃創を負うているのだ。
 流れ出る血潮は純白な包帯を朱に染め小林軍医の手により応急手当が終ると「残念でした」と一言痛さを耐えてじっと眼をつぶって居るのは痛ましくも悲壮だ。折りしも戦線巡視から帰って来た河邊部隊長は、佐藤准尉の手を取って「傷は浅いぞ確りせい」と激励の言葉を与え、並み居る将兵を粛然とさせる。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の支那事変