2007年06月14日

幕末明治の英紙報道11

イラストレイテッド・ロンドン・ニュース(最終回)
日英同盟成る

 昭和48年に初版が発行された「描かれた幕末明治」という本をご紹介しています。これはイギリスの絵入り新聞「イラストレイテッド・ロンドン・ニュース」に掲載された1853年から1902年までの日本関係の記事を翻訳したものを一冊の本にまとめたものです。
 幕末から明治への激動の日本の姿を今に伝える一資料として、その内容を抜粋引用してみましょう。
挿絵は、日英同盟を祝して長崎に建てられた凱旋門
gaisen.jpg

引用開始
1895年4月13日号
 下関で開かれている講和交渉が、近日中には、昨年7月以来中国と日本の間で猛威をふるってきた戦争の決定的な終結をもたらすことになるよう、また、両国陸海連合軍の間の3昼夜にわたる激戦ののち、2月7日に起った威海衛攻略こそ歴史的事件として記憶されるに至るであろう、と期待されている。
 威海衛の位置は渤海湾南岸に当たり、中国本土北部の遼東半島の末端にあるポート・アーサー[旅順]のほぼ反対側ほ占めるが、その位置は、日本軍の企図する海路陸路からする天津・北京への敵対的前進という観点から見るとき、ここを征服することを非常に重要ならしめているのである。この進軍はもし戦争がもう2、3ヵ月延びたら、きっと企図されたであろう。伊東提督と大山将軍が威海衛で行った作戦方法は、戦術に関する教授鎌アマチュア諸君によってくりかえしくりかえし検討されることになろうが、今週号にわれわれが掲載しているような正確で信頼すべきスケッチは、いずれも今後この問題について出る叙述や論評に関連して貴重なものであることが知られるかも知れない。

戦後の東アジア
1898年3月12日号
 中国の揚子江とその他の内陸河川のヨーロッパ貿易への開港とビルマ鉄道の延長を考慮してイギリス大使C・マクドナルド卿が交渉に当たっていた中国の香港上海銀行からの借款契約は、2月1日北京で調印された、しかしロシアの影響力が強くてこの利益の多い取引がだめになりそうでもある。ロシア側としては、ポート・アーサーおよび大連湾ならびに満洲鉄道の永久租借権を要求している一方で、東部シベリアにおけるロシア陸軍の増大を大々的に意図している。他方、ドイツは山東地方の無限の占領権を要求するらしく、フランスは中国南部での、かねて欲しがっていた便益を要求するかも知れない。日本は、海軍が戦闘的態度をとっている。貿易と財政はこのところかなり混乱に陥っている。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B