2007年06月13日

幕末明治の英紙報道10

イラストレイテッド・ロンドン・ニュース
日清戦争

 昭和48年に初版が発行された「描かれた幕末明治」という本をご紹介しています。これはイギリスの絵入り新聞「イラストレイテッド・ロンドン・ニュース」に掲載された1853年から1902年までの日本関係の記事を翻訳したものを一冊の本にまとめたものです。
幕末から明治への激動の日本の姿を今に伝える一資料として、その内容を抜粋引用してみましょう。
挿絵は、日本の軍艦「吉野艦」
yoshino.jpg

引用開始
1894年7月21日号
 アジアの極東では、ときおり、仲介的な地理的位置を占める一国が無政府状態に陥って、自分で防衛できなくなったような場合に、ヨーロッパの場合と同様、敵視しあう諸帝国のもつ猜疑心のために、混乱が起る。
 中国と日本とは、朝鮮をいかにあつかうべきか、自他いずれの国もこの国を放任しておくべきかという問題をめぐって、まったく意見を異にしているが、さらに北方には第三国、すなわちロシアがいて、どんな政策をとるつもりか、その意図はまったくわからない。・・・・

1894年9月1日号
 日本における最近の政府の発表によれば、朝鮮国王は6月30日中国からの独立を宣言し、ついで日本軍に中国の分遣隊をアサン[牙山]から駆逐するのを援助してほしい、と呼びかけたとのことである。
 中国側の報告によれば、最近日本軍が京城北西の平壌付近で中国軍に敗れたという。
 8月18日、日本の軍用輸送船団は、軍艦の護衛のもとに、大同江河口の平壌の入江に到着したらしい。
・・・軍は大同江流域を通って平壌に向け出発したが、突然1000騎の中国軍騎兵隊の攻撃を受け、縦隊を2つに分断された。高地に程よく配置されていた中国軍砲兵隊は、日本軍に対し砲火を開き、日本軍は完全な混乱に陥り、自国の軍艦の砲火の保護圏内の海岸へ逃亡した。日本人ガ平壌南方中和へ後退した事実については、上記の報告では言及されていないが、中和は中国軍によって占領されているらしい。・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B