2007年06月12日

幕末明治の英紙報道9

イラストレイテッド・ロンドン・ニュース
横浜から見た西南戦争

 昭和48年に初版が発行された「描かれた幕末明治」という本をご紹介しています。これはイギリスの絵入り新聞「イラストレイテッド・ロンドン・ニュース」に掲載された1853年から1902年までの日本関係の記事を翻訳したものを一冊の本にまとめたものです。
幕末から明治への激動の日本の姿を今に伝える一資料として、その内容を抜粋引用してみましょう。
挿絵は、薩摩の戦場に出かける江戸の警官
polis.jpg

引用開始
1877年4月14日号
 日本は火山国であるため、しばしばこの地に爆発が起ることは、極めて自然のことである。実際、昨年10月ヒオゴ[肥後]の国の熊本の守備隊が真夜中に襲撃を受け、多数の将兵が“古い日本”の狂信家たちによって虐殺されて以来、農民の暴動や反乱がこの国のほとんど至るところで起っている。
 しかしこうした行動も、帝国政府によって、個々に鎮圧されてきた。これらの暴動のあいだ強力な薩摩藩は完全に静謐を保ち、ひところは全日本を内乱にまきこむ恐れのあったチョーシン[長州萩]における前原[一誠]の反乱のあいだすら、そうであった。

 農民を鎮めるために減税が行われ、日本国中すべてが静謐に帰するかと思われた。それでも、ときおりは薩摩がかなり動揺しているとの噂が江戸に達した。ひところは、西郷[隆盛]が、不愉快に思っている大臣たちの解任を求める建白書を提出するため、17個大隊の兵の先頭に立って首都に向かって進軍中である、との報せもあった。しかし、これらの噂は否定され、ミカドが今月五日に鉄道開業式に臨むため京都へ赴いたころは、すべてが円滑に運んでいるかのように思われた。しかしこの式典すらも、とても満足には行われなかった。というのは、1隻の政府の汽船が鹿児島(薩摩の首府)から火薬を持ち去ろうとしたところ、その国から火薬を持ち去らせるのを拒んだ武装したサムライ[士族]たちによって追い払われた、とのニュースがこの地に伝わったからである。これが、実に紛争の発端であった。

 薩摩にいた男子生徒やサムライや軍隊は、武器をとって隣国ヒオゴ[肥後]に侵入したのである。ミカドとその顧問官たちは、かねてから和解策をとることを願っていたが、しかし、反乱者たちがこのような振舞をしている旨の電報を受け取ると、彼らは、やむを得ず、戦争を布告した。そこでミカドはアリスガワ・ノ・ミヤ[有栖川宮熾仁親王]を総司令官に任命して、できるだけ速やかに反乱を鎮圧するための全権を与えた。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B