2007年06月11日

幕末明治の英紙報道8

イラストレイテッド・ロンドン・ニュース
日本の茶屋の夜と朝

 昭和48年に初版が発行された「描かれた幕末明治」という本をご紹介しています。これはイギリスの絵入り新聞「イラストレイテッド・ロンドン・ニュース」に掲載された1853年から1902年までの日本関係の記事を翻訳したものを一冊の本にまとめたものです。
幕末から明治への激動の日本の姿を今に伝える一資料として、その内容を抜粋引用してみましょう。
挿絵は、宿の少女
girl.jpg

引用開始
1873年11月15日号
 日本は旅行のためのよい設備をそなえている。この点では、多くの東洋諸国とは異なっている。われわれの言葉の意味でのinn(旅館)は存在しないが、日本人なりのそういう場所は、「茶屋」(tea houses)と称するものによって、充分提供されている。
 こうした場所のひとつふたつは、大抵の村々に見出される。ある村々では、こうした場所は大きな建物である。すべてが極めて念入りなやり方で清潔さを保っており、しばしば日本式に設計された裏庭があり、そこには小型の岩や滝や湖や寺や盆栽の木が置かれている。ただヨーロッパ人旅行者は多少の食料品を用意して行かなくてはならないが、それは、日本の食糧がほとんどヨーロッパ人を満足させないからである。
 それに、いくらか飲める物と、敷布と、枕と毛布は、自分で持参しなくてはなるまい。

 苦力もしくは運搬人は容易に雇えるから、われわれは、日本国内をいとも気楽に旅行することができるのである。これらの茶屋の部屋は、床にたいへん立派な柔らかい藁でできた畳があり、部屋の三方は紙製の、日本の風景を描いた横にすべる板[襖]でできている。夜になって家を締めるときには木製の横にすべる板でできた外側の防壁[雨戸]があり、これらには家を安全にするためかんぬきが使われる。朝になっても、これらの外側の板が外されるまで、光は部屋に入ることはできない。こうした場所のひとつで私がはじめて眠った夜のこと、私は、朝目がさめても、終夜灯が尽きてしまって、あたりは真っ暗であった。今何時だろうかと思ったが、あまりに快適だったため、何時か知るためマッチをするのがめんどうであった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B