2007年06月09日

幕末明治の英紙報道7

イラストレイテッド・ロンドン・ニュース
日本に起った変化(本紙特派通信員より)

 昭和48年に初版が発行された「描かれた幕末明治」という本をご紹介しています。これはイギリスの絵入り新聞「イラストレイテッド・ロンドン・ニュース」に掲載された1853年から1902年までの日本関係の記事を翻訳したものを一冊の本にまとめたものです。
幕末から明治への激動の日本の姿を今に伝える一資料として、その内容を抜粋引用してみましょう。
挿絵は、新旧両様、日本における服装の変化。
style.jpg

引用開始
1873年11月8日号
 いかなる国の歴史においても、日本に起った最近の革命に匹敵する変革を見出すのは困難であろう。最も急激な変革が行われ、驚くべき変容ぶりが今なお続いているのである。
 政府の明瞭な代表者であったタイクンは完全に排除され、ダイミョウたちの古い封建制度も一掃されてしまった。この国の軍事力を形成していたダイミョウ家臣団の代りに、今ではフランス式に訓練され、ミカドもしくはその政府に直属する陸軍がある。
・・・・電信線が全国に拡張され、まだ1本だけだが、鉄道もすでに江戸横浜間に運転されており、もう1本の線は神戸大阪間でほぼ完成に近く、やがてはこれらも日本全土に拡張されることとなろう。

 ヨーロッパの暦が採用され[明治5年12月3日が1873年1月1日なので、明治6年1月1日とした]、イギリス製の時計が鉄道の停車場にはどこにもかかっており、・・・・
 いかなる東洋の国も――そして、いかなる西洋の国も、と付け加えてもよかろうが――日本人が自国の主要な島をそう呼んでいるニフォンに、今起りつつあるような急激で完全な組織上の変化をとげたことはない。ミカドは今や政府の真の首長であり、しかも宗教的な神聖さのもとに包まれて見えないところにいる代わりに、彼は国民の前に現われ、政務を実際にとり行っているのである。みずから最初の鉄道の開業式に臨み、横浜商業会議所からの祝辞をたずさえた代表団に拝謁を賜った。・・・・

 これらすべてのことは奇妙にも北京で起った事態と対照的であり、そのことは、・・・皇帝と西洋列強代表たちとの外交関係、およびひきつづき中国のどの地方へも電信と鉄道を導入することに反対している、という詳しい報せのなかで明らかにされる。
 どの港にせよ、日本の港を訪れる人の眼にとまる最初のことは、つい最近起って今もつづいている衣服の変化である。今までのところ、婦人たちは自分の昔からの絵画的な衣裳になんら変更を加えていないし、すべての人々がこの変化をなしとげるにはなお時間が経たなくてはなるまい。しかし、部分的にせよ全面的にせよ、変化をなしとげた人々の数も相当である。
続きを読む
posted by 小楠 at 08:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B