2007年06月06日

幕末明治の英紙報道4

イラストレイテッド・ロンドン・ニュース
江戸からの回答
1855年1月13日号つづき
 昭和48年に初版が発行された「描かれた幕末明治」という本をご紹介しています。これはイギリスの絵入り新聞「イラストレイテッド・ロンドン・ニュース」に掲載された1853年から1902年までの日本関係の記事を翻訳したものを一冊の本にまとめたものです。
 幕末から明治への激動の日本の姿を今に伝える一資料として、その内容を抜粋引用してみましょう。
挿絵はデューク・オブ・ウェリントン号
duke.jpg

引用開始
 オブニョウ[御奉行]は皇帝の回答を江戸から受け取っていた。それは解いてみると、長い一巻の巻物、もしくは一組の巻物であった。その内容が知らされた・・・・
 この回答には、丁重な言葉づかいでイギリス人が訪問し書翰のやりとりをした際示した敬意に謝意を述べ、偉大なるイギリス国民、女王、提督、その他に対して皇帝の胸に懐かれている高い配慮を表し、戦争[クリミア戦争]とそれに伴って恐るべき事柄が起ったため、窮迫した事態になったことを残念に思い、皇帝の臣民に対する義務の観念は厳正なる中立を彼に守らせるがごときものであることを説明してあった。

 「皇帝は、いずれか一方の側の怒りに自分をさらさずに、また多くの哀れな弱い国民に恐ろしい災厄をひき起さずに、このひどい争いのどちらにも加担することはできない」としたが、これらの点について述べられた考えは、極めて正当、賢明、かつ尊厳なるものであった。皇帝は「長崎の主なる役人に、わが帝国の法律と利害とが許すような条約を自分の名において締結するよう任命したが、皇帝はよろこんでオランダ・中国の両国民に限られた特別の商業特権だけは除くが、最恵国により享受せられるすべての便宜をイギリス人に譲与する」とのことであった。

 この皇帝の書翰は、とてもすばらしい産物と見なされた。それは、さまざまの義務と意向とを明白に、合理的に、かつ直截に述べたもので、期待され得ることはすべてこれを譲歩し、完全な信頼を示唆し、将来の行動を律すべき原理の数々を定義していた。・・・ 会見の進行中、多量の雨がふり始めた。このことは丁重で親切な心遣いを示す機会を与えた。五艘のボートの乗組員たち――その全員とこれを指揮する士官たち――はすべて宮廷内に雨宿りするよう案内された。もはや真暗だったが、雨はなおやまなかった。一行の各人に1本ずつ傘が贈られた。覆いのある屋形船が用意された。提督とその一行は7時半に日本の政府の小舟で無事にぬれずに旗艦に帰った。なお4、5日が条約起草のために費やされた。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B