2007年05月23日

米国製憲法強要事情3

マ元帥、近衛公爵への改憲提案依頼と裏切り

 児島襄著「史録 日本国憲法」をご紹介しています。奥付には昭和四十七年第一刷、昭和五十年第六刷となっています。
 この本の最後の部分に、著者は『どのような憲法論議を進めるにあたっても、先ずは「日本国憲法」の成立の事情を明らかにすることが、出発点と思われる』と書いています。 
 今回の引用は、近衛公爵とマッカーサーの会見内容で、マッカーサーが憲法改正に関する話を持ち出した部分です。
写真はMacarthur
MacArthur.jpg

引用開始
 東久邇宮首相のあと、マッカーサー元帥が迎えた日本側要人は、近衛文麿公爵であった。
 近衛公爵は、十月四日午後五時、通訳にあたる外務省の奥村勝蔵とともに、第一生命相互ビルの総司令部をたずねた。
 公爵のマッカーサー訪問は、二回目である。最初は九月十三日(昭和二十年)、まだ総司令部は横浜税関に居を占めていた。・・・・
 近衛公爵は、日本の過去の軍閥横行の背後に赤化分子の活躍があった、(近衛上奏文参照)
と満洲事変いらいの歴史を略述しながら、説明した。元帥は公爵の話の間に質問をはさみながら聞いていた。
 公爵が主張したのは、軍閥や極端な国家主義者を排除しようとするあまりに、国家の安定勢力まで一掃してしまっては、日本は共産化してしまう、という点であった。

 元帥は、公爵の話が終ると、「お話は有益であった。参考になった」といった。そこで、近衛公爵は、こんどは元帥の意見を聞こうと思い、質問した。
「政府の組織および議会の構成につき、なにかご意見なり、ご指示があれば承りたい」
 すると、マッカーサー元帥は、急に姿勢を正すと、強い語調でいった。
「第一に、憲法は改正を要する。
改正して自由主義的要素を充分に取りいれねばならぬ。
 第二に、議会は反動的である。これを解散しても、現行選挙法の下では、顔ぶれは変っても、同じタイプの人間が出てくるだろう。それを避けるためには、選挙権を拡張して、婦人参政権と労働者の権利を認めることが必要である」
 憲法改正という予想外の発言に、近衛公爵はおどろいたように眼をあげたが、びっくりしたのは、むしろ、サザーランド参謀長であった。・・・
 近衛公爵が、ごんごは元帥の激励と助言とにより国家のためご奉公したい、と述べると、右手のコーン・パイプをぐっとさしだして、うなずいた。
「まことに結構である。公爵はいわゆる封建的勢力の出身ではあるが、コスモポリタンで世界の事情にも通じておられるし、まだお若い。
 敢然として指導の陣頭に立たれよ。もし公爵がその周囲に自由主義分子を糾合して、憲法改正に関する提案を天下に公表されるならば、議会もこれについてくることと思う」
続きを読む
posted by 小楠 at 07:09| Comment(9) | TrackBack(2) | 米国製憲法強要事情