2007年05月17日

江戸中期の日本評1

日本人の外見と国民性

 今回ご紹介しているのは、スウェーデン人ツュンベリー著の「江戸参府随行記」です。
ツュンベリーは植物学者そして医学博士で、東インド会社所属のオランダ船に員外外科医として乗船し、1775年(安政四年)8月13日、オランダ船の主任医官として長崎に来航しました。この年は、杉田玄白らの訳で有名な『解体新書』が出版された翌年にあたります。
「江戸参府随行記」にある1775年にツュンベリーが見た今から230年前の「日本及び日本人」から掲載してみます。
画像は幕末頃の庭園、菖蒲園です。
shobu.jpg

引用開始
日本人の外見
 日本人は体格がよく柔軟で、強靭な四肢を有している。しかし彼らの体力は、北ヨーロッパ人のそれには及ばない。男性は中背で、一般にはあまり太っていないが、何回かはよく太った人を見た。肌の色は体じゅう黄色で、時には茶色になったり、白くなったりもする。身分の低い人々は、夏期に上半身裸で仕事をするので日焼けして一層茶色になる。上流の婦人は、外出するさいは大抵何かで覆うので真白である。
 この国民の眼は、中国人と同様に広く知られている。それは他民族のように円形ではなく、楕円形で細く、ずっと深く窪んでおり、ほとんど目を細めているように見える。他の点では、瞳は褐色というよりはむしろ黒色で、瞼は大きな目尻ぎわに深い線をかたち造っていて目つきが鋭くなり、他民族とはっきり区別できる独特な風貌を持っている。眉毛はいくぶん高いところにある。ほとんどの人は頭が大きく、首は短く、髪の毛は黒くふさふさして油で光っている。鼻は低いとは言えないがしかし太くて短い。

日本人の国民性
 一般的に言えば、国民性は賢明にして思慮深く、自由であり、従順にして礼儀正しく、好奇心に富み、勤勉で器用、節約家にして酒は飲まず、清潔好き、善良で友情に厚く、素直にして公正、正直にして誠実、疑い深く、迷信深く、高慢であるが寛容であり、悪に容赦なく、勇敢にして不屈である。
 日本では学問はまだ発達をみていないが、そのかわりに国民は、どんな仕事においてもその賢明さと着実さを証明している。日本人を野蛮と称する民族のなかに入れることはできない。いや、むしろ最も礼儀をわきまえた民族といえよう。

 彼らの現在の統治の仕方、外国人との貿易方法、工芸品、あふれるほどにあるあらゆる必需品等々は、この国民の賢さ、着実さ、そして恐れを知らない勇気を如実に物語っている。
 貝殻、ガラス真珠、きらきらする金属片等で身を飾るような、他のアジアやアフリカ民族にはごく普通にみられる虚栄を、この国で目にすることは決してない。また目先がきらきらするだけで何の役にも立たないヨーロッパ人の派手な金や銀の飾り物、宝石類やその種の物はここでは珍重されず、彼らはきちんとした衣服、おいしい食物、そしてすぐれた武器を国内で製造することに努めている。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:32| Comment(4) | TrackBack(1) | 外国人の見た日本B