2007年05月16日

参府団江戸到着

江戸時代中期の江戸

 今回ご紹介しているのは、 スウェーデン人ツュンベリー著の「江戸参府随行記」です。
 ツュンベリーは植物学者そして医学博士で、東インド会社所属のオランダ船に員外外科医として乗船し、1775年(安政四年)8月13日、オランダ船の主任医官として長崎に来航しました。この年は、杉田玄白らの訳で有名な『解体新書』が出版された翌年にあたります。
画像は幕末頃の街道の例
douro.jpg

引用開始
 品川と高輪は、将軍の住んでいる江戸の町の二つの近郊地である。前者は、その起点(日本橋)からまるまる二里はあり、海岸に沿っている。我々は品川で一時間たっぷり休み、軽く飲食物をとって元気を回復し、美しい眺望を楽しんだ。
 江戸はこの国最大の、そしておそらく地球上最大の町であり、またきれいな港があった。港は非常に浅くなっており、泥土に覆われている。最大の船舶は、しばしば町から五里離れた所に投錨する。そんなに大きくない船舶は二里の距離に、そして小船舶ならびに小舟は何百艘にものぼり、それぞれの大きさや重量によって互いに町の方へ何列にも並んでいる。このようにして町は、他の地域から当地へ輸送される商品の通路を完全に遮断することなしに、海からの敵の襲撃に十分備えているのである。

 我々は、町や港やその周辺を非常に物珍しく眺めたが、同じように日本人は我々を物珍しく眺めたのであった。彼らは噂を聞いてここにどっと集まり、我々の乗り物のまわりを囲んだ。これら日本人のなかには、何人かの身分の高い婦人がいたが、彼女らはその乗り物をここへ運ばせたのである。そして我々が何回か簾を降ろすと、婦人たちはかなり苛立つように思われた。この我々のまわりを囲んでいる地上に置かれた乗り物は、それだけで小さな村を作っているようであったが、この移動式の小さな家は、その後しばらくすると消えていった。

 ただ一本の通りからなる近郊地、品川や高輪を通り過ぎて,番人がいること、住民の数が増えたこと、そして運搬人の沈黙や一層しっかりした足取りから、私は首府に到着したことを感じた。まもなく長さ四十ファムン(約七十一メートル)ほどの橋、日本橋に着いた。国中の地方につながる街道は、ここを起点に測られている。町の入口にあるいくつかの番所を通過して、一時間あまり広い大通りを進み、我々外国人の定宿に到着した。そこは裏門から入り、狭い道を通って家の反対側の端に案内された。この宿泊所に初めて入った印象は、それが大きいとも快適であるとも思えるようなものではなかった。しかし一階上がって通された我々の部屋は、かなりこざっぱりとしたものであった。だが、はるか遠隔の大陸からやってきた使節の一人として私が期待していたほどには、立派ではなかった。

 広い一部屋が、客間、謁見の間そして食堂にあてられた。商館長には特に一部屋が、そして仕切ることができるもう一部屋が医師と書記官に当てられ、また小さな部屋が風呂と他のすべての個人的な便宜をまかなうものとして当てられた。当地滞在中、我々はここで満足せざるを得なかった。狭い道路に面した外の眺めにはたいてい男の子がおり、我々の姿をちょっとでも捕らえると、とたんにきまって叫びをあげた。そして我々を見ようと、向かい側の家の塀の上によじ登っていることも時々あった。・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 08:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B