2007年05月15日

江戸参府の道中記2

江戸時代の大阪から京都、東海地方へ

 今回ご紹介しているのは、スウェーデン人ツュンベリー著の「江戸参府随行記」です。
ツュンベリーは植物学者そして医学博士で、東インド会社所属のオランダ船に員外外科医として乗船し、1775年(安政四年)8月13日、オランダ船の主任医官として長崎に来航しました。この年は、杉田玄白らの訳で有名な『解体新書』が出版された翌年にあたります。
画像は幕末頃の「のりもん」です。
norimon.jpg

引用開始
 4月9日、大阪と都[京都]間の行程は十三里もあったので、我々は未明のうちに出発しなければならなかった。
 したがって我々は夜明け前、早々に起された。コーヒーを一杯のみ、朝食にサンドイッチを準備して旅を続けた。旅の間、先に立つ日本人はほとんど間断なく歌をうたい、たくさんの松明で朝まだきの暗さを照らした。
 ようやく二里進み、守口という大きな村に到着して、我々と運搬人はしばし休憩した。その後三里進んでもっと大きな村、枚方で再び休み、そして軽い飲食物をとった。その後一里先の休憩所の淀まで行き、さらに一里進んで伏見で遅い昼食をとった。淀は小さいがきれいな町で、この上なく水か豊かである。・・・・伏見は一村落に過ぎないといえようが、長さは三里にも及んで幕府の首府、都[京都]にまで達しており、そのため都の郊外とみなすことができよう。

 その国のきれいさと快適さにおいて、かつてこんなにも気持ちよい旅ができたのはオランダ以外にはなかった。また人口の豊かさ、よく開墾された土地の様子は、言葉では言い尽くせないほどである。国中見渡す限り、道の両側には肥沃な田畑以外の何物もない。そして我々は長い旅を通していくつかの村を通過したが、村は尽きることなく、一つの村が終わると、そこでもう一つの村が始まるのであり、また村々は街道に沿っていた。
 今日、私は初めて道路でいくつかの車を見ることができた。それは都とその周辺で使われている唯一の車輪の乗り物で、それ以外の地方では使われていない。この車は低い小さな三輪車であった。二つの車輪は通常の位置に、そしてあとの一つは前方についていた。その車輪は全片、木を切って作ったものである。車輪の摩滅を防ぐために、縁の周囲を綱またはそれに類したもので巻いてあった。町近くまたは町中では、車はもっと大きく不恰好で、時に二輪の車もあり、その前方を牛が曳いていた。またいくつかの車は、ヨーロッパのものと同様、轂(こしき)とスポークを備えていたが、留め金はなくもろかった。この車は道路の片側しか通行を許されていない。そのため、その側にはたくさんの車が往来しているのが見られた。またそこでぶつかり合わないように、午前中に町を出て行き、午後に町へ帰ってくるという順序になっていた。

 どの村のどの宿屋でも、米粉を煮て作った緑色や白色の小さな菓子が売られていた。旅人やとくに乗り物の運搬人はそれを買って、お茶を飲みながら食べた。お茶はどこでも旅人のために準備されている。・・・・・
 私はここで、ほとんど種蒔きを終えていた耕地に一本の雑草すら見つけることができなかった。それはどの地方でも同様であった。このありさまでは、旅人は日本には雑草は生えないのだと容易に想像してしまうであろう。しかし実際は、最も炯眼な植物学者ですら、よく耕作された畑に未知の草類を見出せないほどに、農夫がすべての雑草を入念に摘みとっているのである。・・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B