2007年05月14日

江戸参府の道中記1

江戸時代の旅人、小倉の宿と下関

 今回ご紹介しているのは、スウェーデン人ツュンベリー著の「江戸参府随行記」です。
ツュンベリーは植物学者そして医学博士で、東インド会社所属のオランダ船に員外外科医として乗船し、1775年(安政四年)8月13日、オランダ船の主任医官として長崎に来航しました。この年は、杉田玄白らの訳で有名な『解体新書』が出版された翌年にあたります。
画像は出島
dejima.jpg

引用開始
 郵便車は国中どこにも見られないし、またほかに旅人を乗せる車輪の乗り物もない。したがって、貧しい者は徒歩で旅をし、そして車代を払える者は馬に乗って行くか、または駕籠か乗物(のりもん)で運ばれる。徒歩で行く者は草鞋を履いている。それは上革のない靴底のようなものであり、脱げ落ちないよう藁を編んだ紐で固く結ぶ。脚には脚絆をつけており、ふくらはぎの後部でボタンを掛けるか、または上部を紐で固く結ぶ。
 彼らはまた裾の長い着物の代わりに、上着[羽織]か、ふくらはぎまである亜麻仁のズボン[袴]を着用することがよくある。そして徒歩で行く武士は、この袴を腿の真ん中まで結び上げる。馬に乗って行く者は、始終、おかしな格好である。一頭の馬に何人も、たいていの場合家族全員が乗っているのをよく見かける。その場合は、主人が鞍の真ん中に乗り、足を馬の首の前まで伸ばす。鞍に取り付けられた片方の籠には妻が、そしてもう片方の籠に一人または何人かの子供が乗っている。そのような時は特定の人[馬子]がいつも馬の手綱を取って、前を歩いている。富裕な人は乗り物で運ばれるが、各人の階級によりその大きさと華麗さが異なり、したがって費用もまちまちである。最低のものは小型で、足を折って坐らざるを得ない。そして四方は開いており、小さな天井がついていて、二人の男が運ぶ。通常は「カゴ」と呼ばれる駕籠は、屋根がありそして四方は閉じられるようになっているが、ほとんど四辺形であり立派とは言えない。一番大きくかつ豪華なものは「ノリモン」と呼ばれ、長方形で、身分の高い役人が乗り、何人もで担ぐ。・・・・

3月9日・・・・・
 小倉は、国のなかでも大きな町に数えられ、広く貿易を営んでいる。・・・
 我々は小倉に到着する手前で、若君の名のもとに城からの使者二人の出迎えを受け、その後、町を通って宿屋へ着くまで付き添ってもらった。我々はここで丁寧に遇され、翌日の午後まで留まった。・・・・・
 ここでも他のどこの宿でも、我々はその家の奥の部屋を割り当てられた。そこは最も住み心地がよく、かつ一番立派な場所であり、常にたくさんの樹木、潅木、草本そして鉢植えの花のある大小の庭を望むことができるし、そこへの出口もある。またその端には客人用の小さな風呂場があって、好きな時に使える。・・・・・

 この国の建築様式は独特で変わっている。各家は相当に広く、木材、竹の木摺そして粘土からなる木骨造りなので、外部は石の家にかなり似ている。そして屋根には、相当に重くて厚い瓦が葺いてある。家は一つの部屋からなっていて、必要に応じまた好みに合わせて、いくつかの小さい部屋に仕切ることができる。それには、木枠に厚く不透明な紙を貼り付けた軽い仕切り[襖]が使われており、それを、その目的で彫られた床と梁に相当する天井の溝にはめると、らくらくとしかもぴったりと据えられる。
 旅のあいだこのような部屋は、我々や随員のためによくつくられた。そして食堂や他の目的にもっと大きな部屋が必要なときは、この仕切りはまたたく間に取り払われる。隣接する部屋の様子は見えないが、話していることはしばしば聞えてくる。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B