2007年05月13日

江戸参府出発

長崎から小倉の江戸時代日本観察
 
 今回ご紹介しているのは、スウェーデン人ツュンベリー著の「江戸参府随行記」です。
ツュンベリーは植物学者そして医学博士で、東インド会社所属のオランダ船に員外外科医として乗船し、1775年(安政四年)8月13日、オランダ船の主任医官として長崎に来航しました。この年は、杉田玄白らの訳で有名な『解体新書』が出版された翌年にあたります。
この描写が江戸時代中期の日本であることに驚きます。
画像はC.P.Thunberg
thunberg2.jpg

引用開始
 1776年3月4日、使節一行は出島を発って江戸参府の旅に向った。・・・この旅に参加するオランダ人は三名だけであった。それは、商館長として大使のフェイト氏、医師つまり商館付医師としての私、そして書記官のケーレル氏である。それ以外のおよそ二百人にも達する相当な数の随員[この人数は疑わしい。通常は60名ほどという]は、すべてが日本人であり、役人、通詞、従僕、召使いであった。・・・・・
 商館長の食卓に並べるオランダ人用の料理をつくるため、商館から日本の料理人二人が同行した。・・・・料理人は全行程にわたっていつも一足先に発った。それゆえ我々が昼食をとりに宿に到着するころには、料理はすっかり調っているのである。・・・

 商館長はもちろん、その医師と書記官も大きく立派な漆塗りの乗物(のりもん)にのり、旅をした。・・・・・この乗物という人の力で運ばれる乗り物は、薄い板と竹竿から出来ており、長方形で前面と両側面に窓がついている。・・・・茶は進行中も沸かされ、欲しくなればいつでも飲めるようになっている。しかしヨーロッパ人が、胃の緊張を解くこの飲み物をのむことはほとんどない。それよりは一杯の赤ワインかオランダのビールを好んで、乗り物にそれらの各瓶を用意し、細長いサンドイッチを二重に入れた長方形の漆器の小箱と一緒に前方の足元に置いた。・・・・

 身分の異なるさまざまな人々が、それぞれに異なる手段で進行しているこの大行列全体は初めて見る者には、立派にして秩序ある光景に映った。そして我々は至る所で、その地の藩主と同じような名誉と尊敬をもって遇された。その上、万が一にも我々の身に危害が加わることのないよう厳重に警護され、さらに母親の胸に抱かれた幼児のごとく、心配することは何もないほど行き届いた面倒をみてもらった。
 これは我々ヨーロッパ人にとって、この上ない大きな喜びであった。我々がやることは、食べ、飲み、自らの慰めに読み書き、眠り、衣服を着け、そして運ばれるだけであった。

 初日は、長崎から二里で日見を通過し、さらに一里離れた矢上へ、そこからなお四里の諫早へ到着し、そこで最初の宿を取った。
 我々は矢上で昼食をとった。そこでは宿の主人から、かつて私が世界のいくつかの場所で遇されてきたより以上に、親切で慇懃なあつかいを受けた。・・・・用意された部屋に案内されると、食卓はすでに調えられており、そこで食前酒、昼食、コーヒーをとった。・・・・
 3月7日、この地方の首府である佐賀には藩主の住む城がある。城は濠と城壁に囲まれ、そして城門のそばには番人がいる。ほとんどの町がそうであるように、この町もきちんと整っており、真っすぐに広い道路が通っている。また何本かの運河に水を導き、町中を流している。・・・・
 続きを読む
posted by 小楠 at 13:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B