2007年05月11日

南京からの兵士の手紙

陥落直後の南京からの手紙が語るもの

「南京『事件』研究の最前線」平成19年版という本の中に、陥落間もない南京から、西住小次郎大尉と山田博治伍長の肉親に宛てた私信他が掲載されています。
 西住大尉は久留米の戦車第一連隊の小隊長として支那事変に従軍し、昭和十三年五月七日に徐州会戦で壮烈な戦死を遂げられています。大尉は戦死後で、南京当時は中尉でした。
 山田伍長は福井県生まれで、南京一番乗りの脇坂部隊に従軍したあと、昭和十三年八月二十七日「江西省瑞昌県君山」の戦闘において頭部に銃弾を受け、二十六歳で戦死されています。
 この手紙から、中国が言う所謂大虐殺真っ最中の南京が想像できるでしょうか。じっくり読んで見て下さい。
nankinletters.jpg

西住中尉の手紙
引用開始
[1]第一信
西住千代様
軍事郵便 親展 上海派遣軍司令部付 細見部隊高橋隊 歩中尉
十二月二十六日 
西住小次郎
 当地も大分寒くなり、朝など真白に霜が置く様になりました。
其の後、皆様、御変わりありませんか、御尋ね致します。
年内も後数日となり、ご多忙の事と存じます。今、明日は餅搗き位かも知れんと想像致して居ります。
 当地に居るとさっぱり年末の様な気が致しません。猛烈な迫撃戦で手紙とか小包とか、一向遅れて到着しません。何時か腹巻、靴下を送ったとの事でしたが、まだ到着して居りません。其の内に手紙などもどんどん来るようになりましょう。
 十二月十二日、南京に到着以来ずっと南京城内に居ります。
 南京は敵の首都だけに、東京程はありませんが立派な町です。建物と云い、道路と言い、立派です。又、附近には所謂紫金山、其の他の山々、玄武湖等もあり、風光も仲々いい様です。住むのにもよさそうな所です。

 今、我々の居る所は中央大学とて排日教育最も盛んだった大学です。立派な建物です。一部爆撃された所もありますが、部屋など立派です。今は内地の兵営以上にきちんとした生活をやって居ります。私の部屋も机、椅子、其の他寝台、調度品、総てきれいに飾り、内地では出来ぬ様式にして居ります。全員寝台に寝、ストーブ等もあります。
 只、電燈と水道が今のところこわれてありません。ローソクばかりです。
 近い内に汽車も通じ、電燈もつきましょう。町は全部まだ店はありませんが、避難民等も逐次帰って来る様です。
 正月は南京で迎える様になる事と存じます。此の手紙も恐らく正月の五、六日頃しか着かぬと存じます。
 既に小包等御送りになって居るかも知れませんが、今度送られる時は「塩から」の様なおかずになるもの、褌等を御願いします。
 宛名は手紙の裏面の通り願います。・・・・・・
十二月二十六日 小次郎
母上様 膝下
続きを読む
posted by 小楠 at 07:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 書棚の中の支那事変