2007年05月09日

支那事変南京総攻撃4

当時の出版物に見る南京陥落完全占領

 支那の大嘘と朝日新聞のため、未だに問題となっている南京戦について、
南京陥落から約八ヶ月後の昭和十三年八月から、事変の経緯と支那各地の知識を解説した内容を現地将兵に頒布するため「支那事変 戦跡の栞」という本が、上中下三巻で発行されています。幅広の手帳サイズの本ですが、支那事変の推移を詳細に記録しており、今回はその中巻にある南京総攻撃の部分から、昭和十二年十二月十三日の南京完全占領に至る部分を掲載してみます。
(字が小さく古い本なので、漢字の読取が間違うかも知れませんが、大抵は地名などの固有名詞の場合が多いので、ご容赦下さい)
nankin004.jpg

引用開始
[南京城門に大日章旗]
 九日(昭和十二年十二月)午前五時半、南京城光華門前面の城壁間近に到達した脇坂部隊は、三十六時間の永きに亙って城壁上から猛射を浴びせる敵軍最後の抵抗に対し、凄壮極まりなき迫撃戦を続けて、十日午後五時、決死的爆破に成功したのである。
 ああ、かくてこの時、この事あるを熱望した光華門の一部は破壊されたのである。
 時を移さず突入して、十二月十日午後五時二十分、城壁高く日章旗を翻したのである。
 世紀の歓喜!仰ぎ見た将兵は感激に泣く。折から西に沈む夕日を浴びて、我が一番乗りの勇士が力の限りに打ち振る日章旗は、敵首都南京陥落を力強く全軍に示したのである。
 おお何たる喜びぞ! 何たる一瞬ぞ! これを眺める将兵の感慨は、弓矢とる身でなければ分かるものではない。敵はこの城壁を首都防衛の最後の線と恃み、九日早朝我が軍が城壁下に達するや、続々精鋭を繰り出し、分秒の隙もなく機銃を撃ちまくり、明故宮飛行場その他城内の砲兵陣地からは、重砲や迫撃砲を釣瓶打ちにして、我が軍を悩ませたが、我が軍はかかる敵の死に物狂いの抵抗に屈せず決死の意気鋭く、背嚢をかなぐり捨てて唯生の甘藷と弾丸を腰につけて、敵と対戦したのである。
 敵弾雨霰と降りそそぐ中に、後方とは全く連絡を断たれ、弾薬、糧食の供給は全然不可能になったが、全将兵は城壁の下から一歩も退かなかったのである。かくて朝来薄曇の空を衝いて飛来する我が空軍の南京城内爆撃と、芹澤部隊の砲撃により城壁の一廓が崩れたが、光華門は鉄扉を以て固く閉ざされ、その上土嚢を積んで厳重に固められていたので、我が砲弾を幾つ受けてもびくともしなかった。午後五時我が決死隊は敵弾雨飛の中をくぐって、城門に突入爆薬に点火するや轟然たる爆音と共に、門の一角に穴が開いたのである。それを見た岸大尉の一隊、続いて葛野中尉の一隊が、城門に突入して、ここに歴史的南京陥落の一頁は描かれたのである。見よ! 城頭高く翻る大日章旗! 脇坂部隊の全将士の万歳の声は、南京城頭に谺(こだま)したのである。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の支那事変