2007年04月25日

大戦直前日本の世情3

蒋介石目覚めよ

 大東亜戦争直前、昭和十六年頃の世界情勢の渦中に生きた日本人が、どのようなことを考え、どのような意見を持っていたのかを、その頃に発行された書籍を紐解くことによって、その時代の日本人と同化し、なぜ大戦へと進んでいったのかを探って見たいと思います。
当時多くのベストセラーを出した、武藤貞一の著
「日米十年戦争」(昭和十六年発行)
から少し引用しています。
 またこのくだりは、当時の日本の敵はソ連と支那の共産党であって、決して蒋介石の国民政府だとは思っていなかったこともうかがわれますが、西安事件以来、蒋介石は共産党と共に抗日を余儀なくされていたこともあり、日本のいらだたしい思いが表れています。
写真は米国女性の長槍部隊
nagayari.jpg

引用開始
 ソ連は日本がこのまま支那大陸の戦争を継続すればするほど、また日本が資源不足で南進政策を積極化すればするほど、おのずから魚夫の利を占め、懐手空腕、よく支那大陸を総舐めにすることができるとずるく考えている。
 蒋介石の勢力減退に反比例して、支那大陸の奥地に隆々たる勢力を培養し、かつ君臨しつつあるものは共産党および共産軍だ。いな、逞しき赤色勢力だ。蒋介石は日本に叩かれて、再起不能に陥っても、あとの支那大陸奥地には赤色勢力の氾濫を如何ともすべかせざるに至ろう。
 
 日本はだれが何と言っても防共のトーチカであり、日本と言うトーチカがその機能を発揮し得ざるに至れば、支那大陸は、アジア大陸は、もはや堰の取れた河原である。
 蒋介石は不当に支那民衆を駆り立て、抗日戦争に専念することによって、彼はソ連の為にマンマと日本を疲労させる道具にされてしまい、身自らも今日では部内の赤色勢力に押され、中共側の攻勢にややもすればたじろいでいる形である。
 蒋介石は、最近だれかに、日支が共倒れになってしまえばあとはアジア全体の壊滅だという意味のことを語ったとのことだが、かれにして既にその認識ある限り、何故一足飛びに従来の方針の大誤謬を訂正する勇気を出さぬのか。
 今や日華条約の締結によって、支那事変は、汪政権との間には終結を告げ、なお残る蒋政権に対しては更にこれからというところだが、戦争は何時まで経っても『これから』であってはならない。
 大軍は永く用うべからず、大軍を永く広野に晒せばその国乱るとは古書の金言だ。支那のため、アジア全国の福祉のため、敢えて蒋介石の猛省を促さざるを得ない。記せよ、闘いの勝負は既に決しているのである。面目などに囚われて、国乱れ、国亡ぶるを何とするや。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中のアメリカ