2007年04月23日

大戦直前日本の世情1

アメリカの対日前哨戦

大東亜戦争直前、昭和十六年頃の世界情勢の渦中に生きた日本人が、どのようなことを考え、どのような意見を持っていたのかを、その頃に発行された書籍を紐解くことによって、その時代の日本人と同化し、なぜ大戦へと進んでいったのかを探って見たいと思います。
当時多くのベストセラーを出した、武藤貞一の著
「日米十年戦争」(昭和十六年発行)
から少し引用してみます。
10years.jpg

引用開始
 どのみち、アメリカが資本攻勢のやむにやまれぬ必然的要求から支那大陸の市場を欲し、同時に太平洋西岸の資源を欲する限りは、日本というアジアにただ一つ残れる有色人種のトーチカを爆砕しなければならぬことは覚悟前だ。日本の宿命的相克はいつ始まったかは今更いうも愚かである。
 アメリカが大陸を南漸して太平洋岸に出て来たとき、延いてはペリーが浦賀湾頭に砲声を轟かしたとき、今日の成行きは約束されていたのである。更に下っては、ノックスの東清鉄道中立提案をして来たとき、日本は覚悟すべきであったのだ。満洲事変の際、いわゆるスチムソン・ドクトリンで、対日恫喝が試みられたとき、既にアメリカは戦意を露骨にしていた。・・・

 爾来、アメリカは猛然と準備を急ぎ出した。驚異的大軍拡、対日制圧戦に十分なりと信ずる準備を!
 支那事変となって、アメリカはイギリスと協力し、あらん限りの援助を蒋政権に与えた。これ、蒋介石を利用して、有色人種国唯一のトーチカたる日本帝国の国力消耗を図らんがために外ならない。支那事変こそ、英ソにそうであったごとく、なかんづくアメリカに取ってはもっけの幸いであった。
 1940年1月26日は、アメリカが対日経済封鎖の第一宣告ともいうべき記念日である。当日日米通商条約の一方的廃棄がアメリカによって敢行されてしまったのだ。爾来、アメリカは経済封鎖という対日前哨戦についた。
 固より未だ日本と実力の戦争をする準備が整っていないから、武力戦はアメリカにおいて回避せざるを得ない。そこで、日本に致命的打撃を与えることによって、捨身の反発を起させない程度を加減しながら、ジワジワと経済封鎖を強化するに至った。・・・・・

 かくて、ここ数年来、特に支那事変勃発後のアメリカは、極めて彼に好都合な情勢のもとに、その企図は十二分に発揮できたと見るべきである。いま仮にこれを二つの方式に分けるとすれば、
1,日本の国力を対蒋戦争によって消耗させてきた。
2,日本にその消耗を補充し能わざるよう、日本への原料物資の注入を阻害してきた。

 日本がその主要資源を英米領域に依存し来ったのみならず、経済動力を英米に仰ぎ来ったことは、アメリカに取っての何たる好条件であろうか。およそ世の中に、仮想敵国の使う原料を自分の手で握っていて、その相手と戦う潮合を待つというくらい恵まれた態勢というものはそうザラにあるものではあるまい。同時に、その逆の立場に立つ『仮想敵国』なるものの惨めさは正に言語に絶するものがある。
 しかも日本人は、かかる最悪の関係に立ちながら、一向平気で長年月を経過し来ったところに、日本人独特の呑気千万さがある。否、呑気千万を通り越して、むしろ痴呆症かと疑わるるくらいである。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:39| Comment(4) | TrackBack(1) | 書棚の中のアメリカ