2007年04月18日

天皇とグラントの対話2

外債、外交についてのグラント将軍の意見

 アメリカ南北戦争で勇名をはせ、戦後は大統領を二期つとめたユリシーズ・シンプソン・グラント将軍(1822〜85)は、1879年6月に長崎に来航、国賓として約二ヶ月半日本に滞在しました。
この本は随行した書記のJ・R・ヤングの著です。
「グラント将軍日本訪問記」から。明治天皇から希望されたグラント将軍との長時間の対話について、今度はおよその内容を引用してみます。
grant.jpg

引用開始
 日米間で取り決めた条約[吉田・エバーツ条約]によって、日本もどうやら独力で外国貿易を行える権利をもったが、その条約に満足の意を表したことから、話題はアジアにおける外交政策に転じた。グラント将軍は次のように語った。

「ヨーロッパの発展とアジアにおける外国の影響を研究することほど興味をひいたものはありません。インド滞在中に、イギリスがこの国をどうしたかがわかりました。イギリスによる支配が結局はインド人のためになっているように思います。イギリスがインドから手を引くと、インドは無秩序になります。インドの統治法を見ると、遺憾に思われる点もありますが、ほとほと感心させられる度合の方が多いのです。
 しかし、インドを発ってからというもの、ヨーロッパの列強がアジアの国々を堕落させようとしているのを見て、何度もはらわたが煮え返るような思いがいたしました。
 そんな政策がまかり通るようであってはなりません。どうもアジアの国々を独立させないようにするのが彼らの狙いであったようです。この件は私に痛切にこたえたし、国の友人に宛てた手紙の中でも強調しておきました。
 日本や清国についても同じようなことがいえるように思います。故国においては、独立と国民的生存にとって不可欠なものとみられ、またヨーロッパのどんな小国であっても断じて放棄することのない権利が、日本や清国で認められていないのには驚くほかありません。
 いろいろな権利の中でも、関税権ほど重要なものはありません。一国家の運命はしばしば貿易に左右されることがあり、国は貿易によって生じる利益をすべて受ける資格があります。ことに日本は貿易を監理できさえすれば、大きな重荷となっていた地租を免除できるように思えます。
 重税を課しますと国民は貧困に陥り、農業の発展が阻害されます。収穫の半分を租税として収めねばならぬとしたら、農夫はたぶん生活できる分しか作らないでしょう。もし地租を軽減できれば、きっと日本の農業は盛んになるでしょうし、そうなれば国民の生活は豊かになり、購買と消費が伸びますから、結局は貿易にとっても良いのです。
 イギリスやフランスやアメリカの貿易と同じように、日本の貿易も国家の歳入の一部を形成しているのであれば、地租を軽減することができるように思えます。
 わが国の政府が貴国と条約を結んだことをうれしく思います。他の国々もこの条約に賛意を示してほしいと思います。しかし、いずれにしても、私はアメリカ国民についてよく知っているつもりですが、彼らは党派を問わず日本の独立を心から願っております。わが国民は太平洋に大きな関心を寄せておりますが、アジアの国々の独立と合致しないものは何一つ持ってはおりません。」
続きを読む
posted by 小楠 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物