2007年04月16日

天皇とグラント初会見

グラント将軍と明治天皇の会見

 アメリカ南北戦争で勇名をはせ、戦後は大統領を二期つとめたユリシーズ・シンプソン・グラント将軍(1822〜85)は、1879年6月に長崎に来航、国賓として約二ヶ月半日本に滞在しました。
この本は随行した書記のJ・R・ヤングの著です。
「グラント将軍日本訪問記」から。明治天皇との会見そして浜離宮滞在の模様を引用してみます。
画像は明治天皇皇后との初会見の模様
kaiken.jpg

引用開始
 金モールの付いた制服を着た侍従が静かに部屋に入って来て、合図をすると、先に立って案内した。グラント将軍夫妻は、ビンガム将軍と残りの一行に付き添われて、部屋に入った。・・・・・
 われわれは短い廊下を歩いて行き、もう一つの部屋に入ったが、その部屋のいちばん奥に天皇と皇后が立っていた。両陛下のそばには、身をかがめるようにして女官が二人いた。まだほかに皇女が二名立っていた。・・・・
 天皇のそばにいる皇后は、よい素材の地味な和服を着ていた。彼女は真白な顔をし、ほっそりとした体はまるで子供の体のようであった。髪型は地味であり、髪は金の矢で飾られていた。天皇・皇后両陛下は感じのよい顔をしていた。天皇の顔だけは確固たる信念とやさしさを表していた。・・・

 天皇が侍従の一人である、石橋氏に合図をしたところ、彼は静々と前に進み出た。・・・・陛下が話を終えると、石橋氏はグラント将軍の方に歩み寄り、陛下より歓迎の辞を読み上げるよう命じられた旨を伝えた。

 閣下の名は、わが国に知られて久しく、私どもはあなたにお目にかかれたことをとてもうれしく思います。合衆国大統領の要職にある間に、閣下はわが国民に格別の親切と好意を示して下さいました。特命大使の岩倉が貴国を訪ねた折、親切なもてなしを受けました。閣下から受けたご親切は、常に私どもの記憶に新しいところであります。世界を漫遊中、お立寄りいただき、国民一同、閣下をお迎えできたことを喜ばしく思っております。わが国に滞在なさっている間に楽しいことにたくさん出会えることでしょう。
 閣下をお迎えできたことを心から喜んでおります。アメリカの独立記念日に当る日に歓迎できたことは何よりもうれしく思います。また独立記念日に対して祝辞を申し述べます。
 英文による歓迎の辞が読み上げられた。それがすむと、今度はグラント将軍のあいさつがあった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の人物