2007年04月08日

支那人の特質を知る1

政府に頼らぬ支那民衆

 昭和十三年八月から、支那事変の経緯と支那各地の産業、観光地等の知識を解説した内容を、現地将兵に頒布するため「支那事変 戦跡の栞」という本が、上中下三巻で発行されている幅広の手帳サイズの本です。
 今回はその上巻の最後の方にある中野江漢の「支那の話」という部分から、支那について、昭和十三年(1938年)当時の人々の支那に対する見方が書かれているところを引用してみます。
 対中外交交渉は、このような支那人の特質を熟知した専門家にやって欲しいものです。
allbooks.jpg

引用開始
 支那という国は、斯うした「天下思想」のもとに、四千年という永い間、他の国には見られぬ、世界無類の特異な政治が行われて来た。それは、天下は一人の天子[為政者]が支配するというのであるが、その天子なるものは定まっておらぬ。誰でも「天子」になることができる。実力があれば天下を征服し、徳政を施せば天下は統一されるのである。
 そこで、支那では、英雄、豪傑を初めとして、盗賊、游侠、無頼漢に至るまで、志を有する者が、天下国家を争うた。そういうわけで、支那では「革命」が是認され、天下争奪のために戦争の絶えたことがなく、二十幾回も朝廷が代わっている。

 そうして居る内に、いつとはなく、朝廷[為政者]と、人民とは分離して、全然別個のものになってしまった。支那の民衆は、朝廷の興亡には何等の関心を有たない。為政者は誰であってもよいのだ。種族からいっても、必ずしも漢人でなくてもよい。遼、金、元、清の如きは、漢民族が野蛮扱いにして来た夷狄であるが、これに対しても、反対もせねば、不満も言わぬ。
 ただ民衆の求むるところは「安居楽業」である。世の中が平和で、自分の仕事を楽しみ、生活が安全であればよい。自分のことは自分で処理してゆけばよい。政府の保護を受けるなどということは毛頭考えて居らぬ。政府からは何もやって貰わなくともよい。どちらかといえば、なるだけ干渉して貰いたくないと望むのである。

 そこで支那の為政者は、為政者として全民族の上に君臨しては居るが、他の国家のように、一から十まで国民の生活に干渉するようなことはしない。人民には、なるだけ手を触れぬようにする。自己の存続の外には何事も考えなくともよいことになっている。だが、自己を保持するためには費用が要る。人民は、その費用を負担すればよい。税金さえ納むればそれでよいのである。支那の為政者と人民とは、恰度(ちょうど)、家主と借家人というような関係と見て置けばよい。その借家[国]に住んで居るから、家賃[租税]を払うのは当然のことである。為政者は「家主」に当る。官吏は家主の代理をする。「差配」のようなものだ。
続きを読む
posted by 小楠 at 16:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の中国