2007年04月04日

日中友好のリスク

日中友好に踊らされた森ビルの悲劇

 青木直人氏の著「中国に喰い潰される日本(チャイナリスク)」から少しご紹介します。青木氏は常に報道では隠されている日中の重要な部分を分りやすく発表され、聞くたびに政治家、官僚、マスコミがいかに日本人を裏切っているかに憤りを感じずにはおれません。
aoki.jpg

引用開始
 森ビルは現在、上海・浦東に「上海環球金融センター」を建設中だが、このビルの工事は長年中断したままにされていた。その再工事がようやく着工されたと聞き、私は上海の建設現場へと向った。
 森ビルなど日本の大手企業三十五社と国際協力銀行の出資で、世界一の高層ビルを建設する計画が公表されたのは1994年。躍進・上海の象徴として企画されたこのビルは、同時に日中友好の象徴としての意味もあり、建設に予定される資金約750億円(後に1050億円)は日本側だけで負担し、中国側は一銭も出さないという事実上の「日の丸プロジェクト」だった。

 1997年8月27日に定礎式が行われ、約一年間、地下部分の基礎工事を行ったが、その後、森ビルは「アジア金融危機によるテナント確保の困難さ」を理由に工事を中断していたのである。
 だが工事の中止期間中に、次々に明らかにされたのは、計画のずさんさだった。そもそもこの建設予定地は年間六センチを超えるほど上海一、深刻な地盤沈下に見舞われている場所であったことが判明したのである。
 この事実はほかならぬ2001年に地元上海の新聞がすっぱ抜いて、森ビル関係者を驚愕させた。
 報じたのは英字紙『シャンハイ・デイリー』だった。
「上海市は急激に超高層ビルが建設されたため、その重みで再び地盤沈下しつつある」
「市内の沈下は一年で約一センチにも上るが、その原因は度を越えた地下水のくみあげとビル建設にある」と指摘したうえで、
「なかでも市内でもっとも地盤沈下がひどいのが浦東地域の陸家嘴金融地域である。十年前までは畑にすぎなかったこの場所に多くのビルが建設された結果、2000年にはこの地域では平均38ミリも地盤沈下がおこっている」さらに続けて、「高さ420メートルの金茂大厦週辺はなんと63ミリも陥没している」と報じたのである。・・・・・

 森ビルが建設中の「上海環球金融センター」はこの金茂大厦から10メートル道路をはさんだ真向かいにある。そればかりか建設が予定されているのは420メートルの金茂大厦(88階)をさらに上回る、地上101階、地下三階、高さは492メートルもの地域最大の超高層ビルである。・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:20| Comment(5) | TrackBack(1) | 書棚の中の日中関係