2007年03月30日

侵略の頭目イギリス

当時のイギリス人の常識

 今回引用している本のタイトルは大東亜戦争前の昭和十二年に発行された武藤貞一著「英国を撃つ」でした。そのタイトル通り、この本は当時の世界で、不自然なイギリスの繁栄を、その酷烈な覇業によるものとして、日支事変中もその真の敵はイギリスであると説いているのです。この本からの掲載の最後として、その「序」から引用します。当時のベストセラーだったようで、大戦前の日本の風潮をよく現しているのではないでしょうか。
muto05.jpg

引用開始
・・・・イギリスは印度を奪い、印度の黄金を吸収し、それによって更に他の領土をかすめ取る資本とした。イギリスの肥満と繁栄は何を措いても第一に印度の恩恵によるものであって、イギリスが肥満し繁栄した分だけ印度は痩せ細り、困苦に陥って来た勘定である。
 恐らくイギリス人の常識を以ってすれば、印度はイギリスの富源吸収用としてつくられた国土としか考えられないだろう。三億五千万の印度人は、何のために、縁もゆかりもないイギリスに対して忠誠な奴隷をもって甘んじなければならないかに就いては、恐らく如何なる国際法学者を拉し来っても解釈し得ないであろう。

 印度人はヨーロッパ大戦に引出され、イギリスのために独墺軍と善闘した。だがそれによって何を得たか。自治の空名は得たかも知れぬが、現に印度大衆は衣食住の『衣』の大宗たる綿布を筆頭に、多くの日用品種目にわたって、わざわざ廉価の日本品を避け、高価なイギリス品を押しつけられている。直接生活に対する圧迫、これより大なるはないのだ。これとて、印度人は、なぜ遠く離れたヨーロッパの島国人のためその生活を封鎖されねばならぬか。なぜ生活苦甘受を厳命されて服従しなければならぬかという理由を説明し得るものはないはずだ。しかもこれはひとりイギリス対印度関係に止まらず、千三百二十万方里のイギリス帝国全版図にわたる共通の現象なのだ。

 現世界は、この驚くべき矛盾、途方もない不自然が平然と看過されているところから、百の酷烈なる不幸を生じつつある。イギリスは、目覚めかかった印度を空軍の爆弾によって抑えつけ、この現状を維持するに内心必死の姿であるが、表面は何食わぬ顔をして、なおその侵略の毒牙に支那を引かきまわっているのである。
 侵略世界の凄惨は、むろんイギリスひとりによって来るものでないことはわかっている。ただイギリスがその頭目であるという事実を如何ともし難いのである。この意味で、われわれはまずイギリス帝国を以て世界の禍因と断言するに憚らない。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 書棚の中の戦争