2007年03月29日

抗日の拠点香港

対日作戦拠点としての香港
 大東亜戦争前の昭和十二年に武藤貞一著「英国を撃つ」という本が出でいます。これは先日、西尾幹二氏がチャンネル桜のGHQ発禁図書関係の番組でご紹介されていたものです。当時のベストセラーだったようで、大戦前の日本の風潮をよく現しているのではないでしょうか。
ここでは真の侵略国がイギリスであることを強調しています。
muto04.jpg

引用開始
 日支事変をもってイギリスは日本を侵略国と誣い、アメリカその他の国を駆って盛んに反日行動を続けている。国際連盟を動かしたが効目がないので、次に九カ国条約会議をベルギーで開かせ、ここで日本制裁の段取りに取りかかった。いま直ちに日本を共同の力で叩こうといっても、随いて来る国が少ないのを見越して、しばらく毒針を嚢の中に収め、先ず日本を侵略者とする国々の勢揃いを終わったというところである。・・・・
 事を一挙に決することなく、都合がわるければ何度でも休み、いつまでも待ち、粘り強く目的を達成するのが老獪極まるイギリスの常套手段だから、こういう国に狙われた日本は、それだけの覚悟をしてかからねばならぬ。日本人の一徹短慮を見抜いて居れば居るほど、イギリスはその得意の手口でやって来るのだ。

 日本の対支行動を侵略呼ばわりするイギリス自身はどうかというと現在の世界の千三百二十万方マイルをその領土としている。あたかもそれはソ連が八百二十万方マイルの大領土を持ちながら、日本などを侵略主義の国家と罵っているのと同様、自分のやっていることを全然棚に上げている。
 もし万一にも日本がソ連の首都モスコーを二、三時間で空襲できる地点まで領土を拡張したら、その時初めてソ連は日本を侵略国と言うがよい。現にソ連はわが東京へ二、三時間で、空襲できるところまで領土を押進めて来ているではないか。

 イギリスの場合もそれと同じで、香港は英本国から一万何千キロか離れ、しかもここに莫大な金を投じて武装を施しつつあるのである。これを逆にして日本がイギリス本国の直ぐ目の先にかかる軍事的根拠地を獲得したら果して何というだろうか。関係は同じことであって、イギリスの苦痛はやっぱり日本に取っても苦痛である。
 今や日本は目と鼻の間に武装せるイギリス海空軍の一大根拠地を控えているわけで、その脅威感は甚だしいものがあるのだが、図々しいイギリスは、まるであべこべに日本の行動を侵略なりとして世界的弾圧を食わせようとしている。世の中にこんな間違った話が二つとあるわけのものではない。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の戦争