2007年03月28日

いわれなき侵略国

最大の侵略国イギリス

 大東亜戦争前の昭和十二年に武藤貞一著「英国を撃つ」という本が出でいます。これは先日、西尾幹二氏がチャンネル桜のGHQ発禁図書関係の番組でご紹介されていたものです。当時のベストセラーだったようで、大戦前の日本の風潮をよく現しているのではないでしょうか。
ここでは日本が侵略国と呼ばれる言われは全くないことを述べています。
muto03.jpg

引用開始
 日本は四海の窓を閉じて鎖国の檻の中に逼塞していたが、浦賀湾頭の砲声、鎖国まかりならぬというので余儀なく国を開いた。そして、やっと白人先進国の国家体制を学んで一本立ちの国家になりかかると、もう移民の閉め出しだ。アメリカやカナダやオーストラリアや、不思議に人の足りない土地ほど日本移民を入れない。日本はそれを甘受した。一方大陸からは強露の重圧を受けこれと血闘半世紀間に及ぶ。日露戦争は朝鮮防護のために戦った。

 朝鮮の南端までロシアの勢力が延び、釜山に露兵が駐在するようになっては、日本は安全だとは言い難い。切羽詰っての日露戦争だったのである。その結果、天佑にも日本軍が勝って、満洲の北端まで露国勢力を押遣ることが出来たのだが、この満洲の粛清地区へ、爾後の三十年間、日本が二十万の人口を送る間に、支那はその百五十倍の三千万の移民を送った。そしてその満洲で抗日排日をはじめ、日本人の居住権まで剥奪しそうになったので、日本はたまらなくなった。そこで満州事変が起ったのだ。

 さてこの事変が起って見ると、蒋介石の中央政府は、日本を唯一の仮想的として全支武装に着手し出した。対日戦備の完成にまっしぐらの進軍だ。満洲が独立したのを、日本の侵略行為と称し、日本を大陸から駆逐する世論で世界を動かそうとした。一方外蒙古も、新彊もソ連に奪られてしまったことはおくびにも口に出さない。チベットは既に全くイギリスの領土と化しているが、そのイギリスをソ連と同じく絶大な援護者と頼んで、対日制圧に死に物狂いの状態を続けて来た。・・・・・
 日貨ボイコットは政府の命令で公々然と行われる。日本人は頻々として殺される。ここまで押詰められて、とうとう勃発したのが今度の支那事変なのである。・・・・

 支那事変は、測らざるに勃発し、想わざるに発展した。つい今春、ソ満国境の風雲慌だしきものがあったとき、日ソ戦争こそ日本として覚悟せねばならぬものと考えられ、危機を目睫の間に控えた観があったのであるが、日支戦争の如きは全く予想外のことだったのである。・・・・
 さて、蒋介石は、以上のように日本国民(軍当局を除く)がとかく軽信していた以上の対日戦備を整えて、だしぬけに日本に戦いを挑んで来た。それが盧溝橋不法射撃の第一弾であり、日本の出先当局が時の冀察政権を相手にして成るべく局地的に解決を図ったが、これを一図に日本の弱腰と見て取った蒋介石の政府は、今こそ日本に一撃を加える好機到るとなし、続々大兵を北上集中させ始めた。一方和平の交渉も無誠意を極め、蒋介石の戦意は既に牢乎たるものがあったのである。・・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:17| Comment(2) | TrackBack(1) | 書棚の中の戦争