2007年03月26日

支那の大嘘を許すな

通州事件もデマから起った大惨劇

 大東亜戦争前の昭和十二年に武藤貞一著「英国を撃つ」という本が出でいます。これは先日、西尾幹二氏がチャンネル桜のGHQ発禁図書関係の番組でご紹介されていたものです。当時のベストセラーだったようで、大戦前の日本の風潮をよく現しているのではないでしょうか。
 ここは、丁度現在アメリカで行われている日本非難の宣伝戦を意識して、支那がいかに昔から世界に向けて嘘、捏造の宣伝謀略を使ってきたかがよく判ります。
 現状、日本と日本人の名誉のためにも、支那人の嘘をいつまでも許しておく訳には行かないでしょう。
(旧仮名使いや漢字は現代風にして引用します)
参考記事

muto01.jpg

引用開始
 そこで支那のデマ戦術についてだが、武力戦において勝目のない支那が、宣伝の方に全力をあげるは少しも不思議でない。日本はそれに憤激するよりも、当然支那の手口がそこへ及んで来ることを予期して、これに備えていなければならぬところだ。要するに、宣伝上手の支那を制圧するに足るだけの宣伝機関を整備するのが事変に際しての用意であるべきだった。・・・・

 通州事件は議論でなく現実に支那側のデマから起った大惨劇である。これを未然に防ぎ得なかったことはいかにも残念であるが、それはしばらく措き、すでにかかる残虐行為が続出された以上は、日本側でもっとこの実情を世界に知悉させるべきではなかったか。 実を言えば、この事件一つを世界に宣伝しただけでも、支那の鬼畜にも劣る、非人道的振舞は徹底するわけであり、かてて加えて、上海支那空軍のめくら爆撃という絶好の材料が揃ったにも拘らず、何故か当局のなすところは因循不徹底を極め、日頃やれ国民外交の、官僚独裁のといっている文化人・学者・ジャーナリストの一団が、かかる機会を捉えてこそ大いに世界に呼びかけるべきであるにも拘らず、低声微温にして何者にも怖れ恥ずるがごとく動かなかった。この卑屈な態度がわが一部の知識層にあるということは、その後の時局の移り変わりに、目に見えざる悪影響を及ぼしたことは実に測り知るべからざるものがあるのである。・・・・・

 支那軍は現にダムダム弾を使用し、上海戦線では毒ガスを用いた形跡さえあるのだ。立場をかえて、これが日本軍だったらどうであろうか。日本海軍は南京軍事施設爆撃に際しあらかじめ余沫の外人と市民に及ぶなきやを恐れて、その避難を勧告した。決して退去命令を発したわけでも何でもない。全く武士道精神による思い遣りからであったが、本来空襲は敵の虚を衝くこそ常則であって、あらかじめ時日を指示して空襲を警告するなどいうことはあり得ないことなのだ。そのあり得ないことを忍んでしたのは、わが海軍としてよくよくのことである。

 然るに外国人はこんな日本人特有の武士道は到底理解し得ないところから、この勧告は南京市街地に潰滅的爆撃を加える前触れのごとく曲解した。即ちそうでなければこんな親切な勧告をわざわざ発する筈がないと彼らは彼らの心性を持って判断した。・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:44| Comment(8) | TrackBack(1) | 書棚の中の戦争