2007年03月24日

世界の中の日本文化

ヨーロッパより高い文化

 1922年アメリカ生まれのドナルド・キーン著「果てしなく美しい日本」という本の中から、第二部の平成四年七月二十日、夏季講座富山会場における彼の講演「世界の中の日本文化」の部分を引用してみます。
keene.jpg

引用開始
 ポルトガル人の中には、相当優秀な人がいました。いちばんよく知られている人は、後で聖人にもなったザビエル(1506〜1552)です。彼はこう書いています。「日本人は我々によく似ている国民である。同じ程度の文化を有する国民である」と。
 「よく似ている」という言葉はとてもおもしろいと思います。私たちの常識ではヨーロッパ人が日本に着いた場合は人種が違うと思ったはずですが、私が読んだかぎり人種が違うということが、どこにも書いてありません。それらしい表現は全然ないんです。それどころかヨーロッパ人によく似ているというふうに書いてあります。

 もう一つ印象的な表現は「同じ程度の文化を持っている」と。それはヨーロッパ人として、あまり言いたくない表現です。つまり、ヨーロッパ人の文化の中心は宗教で、日本にキリスト教がなかったのに「同じ程度の文化がある」というのは、ヨーロッパ人として言えそうもない表現のはずなのです。
 しかし、実際に日本文化の水準は、ヨーロッパ文化の水準よりも高かったと思います。高かったけれども、大きな欠点が一つあった。その大きな欠点はキリスト教がなかったということです。それで、「文化の程度がヨーロッパより非常に高い」、「文化のかなめとしてのキリスト教がない」の二つを合わせると、ヨーロッパと同じ程度になるとザビエルは思ったんじゃないか。このように私は解釈したいと思います。

 ヨーロッパの文化よりも水準が高かったという証拠はほかにもあります。
 日常生活から考えてもそうです。当時、ヨーロッパでは王様でも手で食べていました。食堂にはナイフがあったのですが、フォークはありませんでした。ザビエルの時代は十六世紀ですが、十八世紀の始めごろもまだ同じことでした。
 ヨーロッパの王様の中で自分は神だ、太陽と同じような存在だと思い込んでいたフランスのルイ十四世(1638〜1715)は、手でさいて食べていました。彼の食堂にフォークはちゃんとありましたけれども、彼は手で食べるのが紳士のやり方だと思っていたのです。手でフランス料理を食べることはあまり気持のいいものではないと思います。また、王様が食べて食べかすをそこに捨てる。食堂の中には犬がいて、犬がその残り物を喜んで食べたんでしょうね。私たちの常識ではきわめて非衛生的です。

 ルイ十四世はベルサイユの宮殿を完成し、文芸を保護しました。ベルサイユの宮殿は建築として最高にすばらしいものです。今私たちはベルサイユ宮殿を見て「フランス人はよくもこんなすばらしいものを十七世紀に作れたものだ」と思います。しかし、あまりきれいではありませんでした。具体的な話は避けますけれども、きわめて非衛生的なところだったと思っています。
 それと比較してみますと、日本のほうは衛生的なだけでなくて、一般の生活水準が高かったと思います。「同じ程度の文化」というのはザビエルの言葉ですが、私たちからみるときっと日本のほうがより生活しやすかったはずです。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本