2007年03月19日

日本事物誌

英国人バジル・ホール・チェンバレンは、1850年生にまれ、1873年(明治六年)5月に来日、1905年(明治三十八年)まで三十年以上にわたり日本で教師として活躍しました。その後1910年(明治四十三年)から1911にかけて一度だけ来日したのが最後となり、1935年(昭和十年)ジュネーヴで死去しています。今回ご紹介するチェンバレンの著「日本事物誌1」は、
 「私は日本のことについて、常によく質問を受ける。そこで、その返事を辞書の形にして――単語の辞書てはなくて事物の辞書という形にして――本書をまとめたのである」という如く、事物毎の目次構成となっています。が、引用にあたって、1905年の序論に興味深い記述がありますので、そこから始めたいと思います。
jibutsu1.jpgchamberlain.jpg

引用開始
 サー・エドウィン・アーノルドが東京に来たとき、官吏、ジャーナリスト、教授たちなど、事実上、最高級の現代日本人を代表する顕著な人々の晩餐会に招かれた。サー・エドウィンは、このもてなしに感謝して演説をした。その演説の中で、彼は日本を高く賞賛し(賞賛するのは当然だが)、地上では天国、或は極楽にもっとも近づいている国だと賞めた
 その景色は妖精のように優美で、その美術は絶妙であり、その神のようにやさしい性質はさらに美しく、その魅力的な態度、その礼儀正しさは、謙譲であるが卑屈に堕することなく,精巧であるが飾ることもない。これこそ日本を、人生を生き甲斐あらしめるほとんどすべてのことにおいて、あらゆる他国より一段と高い地位に置くものである(これらは彼の言葉通りではなく、彼の一般的な趣旨を述べたものである)。

 ――さて、日本人はこのような讃辞の雨に対して、満足したと諸君は思うであろうか。少しも満足していないのである。晩餐会に出席した主要新聞の翌朝の論説は、サー・エドウィンの言葉が真実であることを認めながらも、その演説は賞讃を伝えるものではなくて、無慈悲な非難の言葉であることを指摘した。
 編集者はその中で叫んでいる。「なるほど、美術、景色、やさしい性質か! なぜサー・エドウィンは、巨大な産業企業、商業的能力、国富、政治的賢明さ、強力な軍備を賞めなかったのか。もちろん、彼は心の底からそのように言い切ることができなかったからである。彼はわれわれの本当の値打ちを評価したのである。要するに彼の言わんとすることは、われわれは単にかわいらしい柔弱者にすぎないということである」と。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A