2007年02月28日

モースの日本観察4

世界無二の日本の意匠

モース著の「日本その日その日1」から、モースの観察した1877年の日本の一部をご紹介しています。ここでは東京の加賀屋敷に住みだしたころのもので、博覧会見学で見た日本の芸術と自然を見る目に感心しています。
スケッチは博覧会場の展示品のひとつ
geijutsu.jpg

引用開始
 昨日私は人力車夫を月極で雇ったが、非常に便利である。彼は午前七時半にやって来て、一日中勤める。私が最初に彼の車に乗って行ったのは、上野の公園で開かれたばかりの産業博覧会で、私の住んで居る加賀屋敷からここまで一マイルばかりある。・・・・・
 入場料は日曜日は十五セントで平日は七セントである。入口は堂々たる古い門の下にあり、フィラデルフィアの百年記念博覧会の時みたいに廻り木戸があった。・・・・
 内には倭生の松、桜、梅、あらゆる花、それから日本の植木屋の面食らう程の「嬌態と魅惑」との最も驚嘆すべき陳列があった。松の木は奇怪極る形につくられる。・・・・

 何百人という人々を見ていた私は、百年記念博覧会(フィラデルフィアの)を思い浮かべた。そこには青二才が多数いて、生姜パンと南京豆とをムシャムシャやり、大きな声で喋ったり、笑ったり、人にぶつかったり、色々な悪さをしていた。
 ここでは、只一つの除外例もなく、人はみな自然的に且つ愛らしく丁寧であり、万一誤ってぶつかることがあると、低くお辞儀をして礼儀正しく「ゴメンナサイ」といって謝意を表す。

 虫の蝕った材木、即ち明らかに水中にあって時代のために黒くなった板を利用する芸術的な方法に就いては、すでに述べる所があった。この材料で造った大きな花箱に、こんがらかった松が植えてあった。腐った株の一片に真珠の蜻蛉や小さな青銅の蟻や、銀線でつくった蜘蛛の巣をつけた花生けもある。
 思いがけぬ意匠と材料とを使用した点は、世界無二である。長さ二フィートばかりの額に入っていた黒ずんだ杉板の表面には、木理をこすって目立たせた上に、竹の一部分と飛ぶ雀があった。竹は黄色い漆で、小さな鳥は一種の金属で出来ていた。別の古い杉板の一隅には竹の吊り花生けがあり、金属製に相違ない葡萄の蔓が一本出ていた。蔓は銀線、葉と果実とは、多分漆なのだろうが、銅、銀等に似せた浮ぼりであった。意匠の優雅、仕上げ、純潔は言語に絶している。
 
 日本人のこれ等及び他の繊美な作品は、彼等が自然に大いなる愛情を持つことと、彼等が装飾芸術において、かかる簡単な主題を具現化する力とを示しているので、これ等を見た後では、日本人が世界中で最も深く自然を愛し、そして最大な芸術家であるかのように思われる。
 彼等は誰も夢にだに見ぬような意匠を思いつき、そしてそれを信用し難い程の力と自然味とで製作する。彼等は最も簡単な事柄を選んで、最も驚く可き風変わりな模様を創造する。彼等の絵画的、又は装飾的芸術に於いて、驚嘆すべき特徴は、彼等が装飾の主題として松、竹、その他の最もありふれた物象を使用するその方法である。
 何世紀にわたって、芸術家はこれ等から霊感を得て来た。そしてこれ等の散文的な主題から、絵画のみならず、金属、木材、象牙で無際限の変化――物象を真実に描写したものから、最も架空的な、そして伝統的なものに至るまでのすべて――が、喧伝されている。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A