2007年02月27日

モースの日本観察3

江ノ島実験所と周囲に見る日本人

 モース著の「日本その日その日1」から、モースの観察した1877年の日本の一部をご紹介しています。今回は彼の実験所と東京帝国大学への招聘、江ノ島実験所での日本人観察の様子です。
スケッチは江ノ島実験所
experience.jpg

引用開始
 私は日本の近海に多くの「種」がいる腕足類と称する動物の一群を研究するために、曳網や顕微鏡を持って日本へ来たのであった。・・・・
 日本には三、四十の「種」が知られている。私は横浜の南十八マイルの江ノ島に実験所を設けた。ここは漁村で同時に遊楽の地である。私がそこに行って僅か数日経った時、若い日本人が一人尋ねて来て、東京の帝国大学の学生のために講義をしてくれと招聘した。
 日本語がまるでしゃべれぬことを述べると、彼は大学の学生は全部入学する前に英語を了解し、かつ話さねばならぬことになっていると答えた。

 私が彼を見覚えていないことに気がついて、彼は私に、かつてミシガン大学の公開講義で私が講演したことを語った。そしてその夜私はドクタア・バーマアの家で過ごしたのであるが、その時同家に止宿していた日本人を覚えていないかという。そのことを思い出すと、成る程この日本人がいた。彼は今や政治経済学の教授なのである。
 彼は私がミシガン大学でやったのと同じ講義を黒板で説明してやってくれと希望した。

 (割ったスカートと言った方が適している)衣服のヒラヒラするのを身に着けた学生が一杯いる大きな講堂は、ズボンと婦人の下ばきとの合の子みたいなハカマを、スカートのようにはき私にとっては新奇な経験であった。私はまるで、女の子の一学級を前にして講義しているような気がした。この講義の結果、私は帝国大学の動物学教授職を二年間受持つべく招聘された。・・・・・

 江ノ島は有名な遊覧地なので、店には土地の材料でつくった土産物や子供の玩具が沢山ある。海胆(ウニ)の二つで作った簡単な独楽がある。小香甲の殻を共鳴器とし、芦笛をつけたラッパ(笛というか)もある。この独楽は長い間廻り、ラッパは長い高い声を立てた。これらは丈夫で手綺麗に作ってある。而も買うとなると私の持っていた最少額の貨幣は日本の一セントだったがおつりを貰うのが面倒なので三つ買った。
 小さな箱の貝細工、上からつるした輪にとまった貝の鳥、その他の上品な貝細工のいろいろを見た私は、我国で見受ける鼻持ならぬ貝細工――ピラミッド、記念碑、心臓形の品、パテをごてごてくっつけた、まるで趣味の無い、水腫にかかったような箱――を思い出さずにはいられなかった。・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A