2007年02月26日

モースの日本観察2

日本の植木屋さんは世界一

 モース著の「日本その日その日1」から、モースの観察した1877年の日本の一部をご紹介しています。ここでは日本は子供にとって安全な国であることを面白い視点で述べ、ままごと遊びを見たり植木屋さんの手腕に驚いたりしています。そして隅田川の河開きの体験など、モースとご一緒に楽しんで下さい。モースは見て興味を持ったものを沢山スケッチしていますので、それらも一部掲載します。
スケッチは隅田川の川開きの一部
sumida.jpg

引用開始
 この国民に奇形者や不具者が著しく少ないことに気がつく。その原因の第一は、子供の身体に気をつけること。第二には殆ど一般的に家屋が一階建てで、階段が無いから子供が墜落したりしないことと思考してよかろう。指をはさむドアも、あばれ馬も、噛み付く犬も、角ではねる牛もいない。牡牛はいるが必ず紐でつながれている。
 鉄砲もピストルもなく、椅子が無いから転げ落ちることもなく、高い窓が無いから墜落もしない。従って背骨を挫折したりすることがない。換言すれば重大な性質の出来事の原因になるような状態が、子供の周囲には存在しないのである。投石は見たことがない。・・・・我々からして見れば、日本人が彼等の熱い風呂の中で火傷して死なぬのが不思議である。・・・・

 この広い世界を通じて、どこでも子供達が、泥のパイや菓子をつくるのを好むのは面白いことである。日本の路傍ででも、小さな女の子が柔軟な泥をこねて小さな円形のものをつくっていたが、これは、日本にはパイもパンもないので、米でつくる菓子のモチを現しているに違いない。
 この国の人が――最下層の人でさえも――が、必ず外国人に対して示す礼譲に富んだ丁寧な態度には、絶えず驚かされる。私は続けさまに気がついたが、彼等は私に話しかけるのに先ず頭に巻いた布を解いて、それを横に置くのである。一台の人力車が道路で他の一台に追いつき、それを追い越す時――我々は早く東京に着きたくて急いでいたのでこれをやった――車夫に必ず詫び、そして、通訳の言によると「お許しが出ますれば・・・」というようなことを言う。

 我々は多くの美しい生垣を通過した。その一つ二つは二重の生垣で、内側のは濃く繁った木を四角に刈り込み、それに接するのは潅木の生垣で、やはり四角に刈り込んであるが、高さは半分位である。これが町通りに沿うてかなりな距離並んでいたので、実に効果的であった。
 日本の造園師は、植木の小枝に永久的の形がつく迄、それを竹の枠にしばりつけるという一方法を持っている。私の見た一本の巨大な公孫樹(いちょう)は、一つの方向に、少なくとも四十フィート、扇のように拡がりながら、その反対側は、日光も通さぬ位葉が茂っていながらも、三フィートとは無かった。樹木をしつける点では日本人は世界の植木屋中第一である。・・・・・
 我国の園芸家が日本人の持つこの巧妙な芸術に注意を向けたならば、どんなに立派な食卓の中心飾りが出来ることであろう。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A