2007年02月21日

スタールお札博士

排日移民法反対

 日本を愛し、富士山をこよなく愛したアメリカ人、故フレデリック・スタール博士(1858〜1933)を「世界に生きる日本の心」という本からご紹介します。
starr3.jpg

引用開始
・・・・ スタール博士は、来日までシカゴ大学のウォーカー博物館の人類学部長を勤めていました。彼は明治三十七年、セントルイス学術研究団の一員として、アイヌの人類学研究が主目的で来日しました。来日した時が日露戦争の時で、日本人の民族性に魅せられ、来日回数は、前後十五回に及びました。
 特に富士山の崇高さ、秀麗さ、雄大さに魅せられ、富士山の大崇敬者になり、また富士山の影響と日本民族のことを深く研究し、日本そのものの魅力にとりつかれ、自身も日本人のようになりたいと思いました。博士は我国滞在中は、常に紋付袴を着用し、その日常生活は、日本人と同じ生活様式に倣ったのでした。

 私共は、彼の日本の理解者としての親日ぶりに好感と敬意を表するものでありますが、只それだけではありません。満州事変及びその後の国際情勢緊迫当時、日本に対する欧米諸国のつのる反日感情に対して、彼は米国に再三往復して、日本の立場の理解に奔走しました。
 従って博士は、その時は敢然、自ら進んで日米親善の民間外交の秀れた大家となりました。知遇のあった人々からは、もし博士が、せめて昭和十九年頃まで健在であったならば、日米は戦わずに済んだのではなかろうか、との声が多く聞かれたものです。
 
 この事実から推しても、彼が如何に日米国交正常保持に献身的であったか窺い知ることができます。また、その間にシカゴ大学に発議して「日本講座」を開設せしめ、日本の正しい研究を通じて日本の紹介に特別の尽力をしました。

富士登山と全国行脚・排日移民法反対

 スタール博士は1858年(安政五年)米国ニューヨーク州オーバン市に生まれました。ラファエット・カレッジを卒業後シカゴ大学の創立(明治二十五年)と共に同大学の教授に招かれました。彼は人類学者として日本とメキシコに興味を持ち、セントルイスで開催された万国博の準備のため、1904年(明治三十七年)に初めて来日しました。
 以来三十余年間、日米間を往復し、東洋文化の研究と日本事情の紹介につとめたのです。大正四年十月、五回目の来日の折、東海道五十三次を踏破したほか、山陽、東北、中仙道を行脚し、四国の霊場八十八ヵ所を巡拝しました。
続きを読む
posted by 小楠 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本