2007年02月20日

明治日本の女たち2

日本の職人たち

アリス・ベーコン(1858〜1918)著「明治日本の女たち」の中に出てくる、日本の職人についての部分を引用してみます。
alice.jpg

引用開始
 平民階級を語る上で忘れてならないのは、その多くを占める職人である。
日本が芸術や造形、色彩の美しさを大切にする心がいまだにある国として欧米で知られているのは、彼等の功績である。
 職人はこつこつと忍耐強く仕事をしながら、芸術家のような技術と創造力で、個性豊かな品々を作り上げる。買い手がつくから、賃金がもらえるから、という理由で、見本を真似して同じ形のものや納得できないものを作ることはけっしてない。日本人は、貧しい人が使う安物でさえも、上品で美しく仕上げてしまう。一方、アメリカの工場で労働者によって作り出されるあらゆる装飾は、例外なくうんざりするほど下品である。

 アメリカの貧困層は、最悪の趣味のものに囲まれて生活するか、まったく装飾がほどこされていない家具や台所用品を購入する以外ない。優美なデザインの品物は珍しいので値段も高く、金持ちしか手に入れることはできない。だから、私たちアメリカ人にとって、「安い」ことは「下品」であることを意味する。しかし、日本ではそうではない。優美で美しくても、とても安価なものもある。あらゆるものに優雅で芸術的な感性がみられる。もっとも貧しい平民でさえも、人間の本能である美的感覚に訴えかけるようなちょっとした品を所有している。

 もちろん、日本の高価な芸術品は職人の才能と丁寧な仕事をよく体現している。しかし、私が感心したのはそのような高級品ではなく、どこにでもある、安い日用品であった。貴族から人夫にいたるまで、誰もが自然のなかにも、人が作り出したものにも美を見出し、大切にしている。安価な木版画、藍や白の手ぬぐい、毎日使われる急須と茶碗、農家のかまどでみかける大きな鉄製のやかんは、大名屋敷の蔵にしまわれてある豪華なちりめん布、銀の香炉、繊細な磁器、優雅な漆器に劣らぬほど美しくて気品がある。高価な品々は言うまでもないが、こうした物の存在は、日本で広く美の感性が共有されていることを示している。

 たいていの職人は自宅で作業する。人は雇わず、父親が子どもに技を教え、家業を手伝わせることが多い。家は狭いけれども、清潔で品がよい。畳が敷いてあって、上品な茶器があり、壁に小さな掛け物がかかっている。日本は大都会でも、冬のあいだでも、花が安く手に入る。貧乏でも気軽に買うことができるから、部屋の片隅にはいつも美しい花が生けられている。・・・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:47| Comment(4) | TrackBack(1) | 外国人の見た日本A