2007年02月17日

ゼームス坂物語

東京、品川のゼームス坂

 今回は「世界に生きる日本の心」という本の中から、東京品川にある「ゼームス坂」(JR大井駅から北に下るだらだら坂)の由来について引用してみます。(ジェームスの家はその後三越のマンションになっています)
james.jpg

引用開始
 この坂はもともと「浅間坂(せんげんざか)」と呼ばれてきましたが、英国人で元船長ジョン・M・ジェームスが住むに及んで、「ゼームス坂」と呼ばれるようになりました。戦争中は「敵性語」が追放されたこともありました。それでも「ゼームス坂」だけは消されることなく今もそう呼ばれています。
 ジェームスは明治四十一年(1908年)七十一歳で横浜の病院で亡くなりましたが、遺体はゼームス坂の自宅に安置され、日蓮宗の豊永日良師が導師となって葬儀が営まれました。

 彼は生前から「死んだら火葬にして、その灰を富士山の白雪の上にまいてくれ」と言っていました。しかし、死の二、三日前に、「遺骨は身延に」と言い残し、臨終の際には法華経を高く誦して瞑目したといいます。
 遺言に従って、墓は身延山の久遠時に建立されました。彼は日本に永住を決意してから仏教を好み、日蓮宗に帰依して戒律を守り、妻も子もありません。日本仏教に帰依した点はアメリカ人のビゲロウやフェノロサを連想させます。

 生涯、著書もなかったし、英人・ジェームスも、時代と共に風化しつつあります。彼はどのように日本に貢献したのでしょうか。
 ジェームスを語るには、まず天保十年(1839年)、福井県藤島に生まれた関義臣という傑物から入らねばなりません。
 関は学問を好み、勤皇運動に挺身し、全国各地に奔走しました。長崎に行った時、海援隊を組織していた坂本龍馬と意気投合しました。彼が意見書を見せると、龍馬は破顔一笑して「北国の奇男子、徹頭徹尾、我と同意見なり。爾後我に一臂の力を添えよ」と言い、海援隊の客員となりました。

 関は海外を知らずに開国論を述べることに堪えられず、龍馬のすすめもあって、イギリスへ密航を企てました。そこで知ったのが、海援隊に助力していたカプテン・ジェームスです。
 関はジェームスが船長をしている英国船ローナ号に乗り込み、慶応二年七月十日、長崎を出帆しました。
 上海から香港を経由、シンガポールに向かって航行中、大暴風雨に遭遇して船は沈没。乗組員は端艇に乗り移ってやっと上陸した所、青竜刀をふりかざした海賊にとり囲まれました。ジェームス等はピストル、関等は日本刀で応戦して血路を開き、九死に一生を得ました。思わぬ遭難のため英国行きはとりやめ、ジェームスは日本に留まることになりました。それ以来、二人は厚い友情に結ばれました。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本