2007年02月16日

長崎海軍伝習所4

海軍伝習所の勝海舟や榎本武揚

海軍伝習所教育班班長のファン・カッテンディーケ著「長崎海軍伝習所の日々」から、海軍伝習所での勝麟太郎(海舟)や榎本釜次郎(武揚)との練習航海時の模様を見てみます。
写真は榎本武揚
enomoto.jpg

引用開始
 これから間もなく私は蒸気船にて航海をなすことを定義し、三月三十日海軍伝習所長、大目付木村様および艦長役勝麟太郎らとともに生徒十六名、水夫五十名を引き連れて乗船した。良い天気に恵まれて愉快に五島に向け航海したが、ここでは夜は五島に属する一島の樺島の西岸にある或る港に投錨した。・・・・・
 幕府の肚はその威光を付近の島々に輝かすために蒸気船咸臨丸を使用したかったらしい。・・・・・・

 我々の船は狭い五島の海峡をば、しかも水夫たちのいろいろの指示を受けながら、幸いにも無事通過した。強い潮流がその海峡を東に流れている。それ故、船は進むのに非常な困難を覚えた。機関部員は監督のオランダ将校一名のほかは全部日本人ばかりであったが、この難航を立派に切り抜けた。私は最初、彼らがとても二十四時間も力一杯蒸気を焚き続け得ようとは予想しなかった。・・・・・
 私はこの旅行で大いに得るところがあった。また生徒らも、この航海によって船を動かすことのいかに難しいものであるかを実地に覚えた点において、非常に役立ったと思っている。海軍伝習所長も大いに満足して、幾度も繰り返し私に感謝の辞を述べていた。そうして復活祭の第一日には沢山の鶏卵、四頭の豚、魚、野菜、蜜柑などの贈り物を届けてくれた。
 彼は私に、こうした航海は今後も繰り返しやって貰いたい。また鹿児島、平戸、下関へも行くようにしたいと言っていた。私はむろん喜んでそれを承諾した。・・・・・

 江戸はほとんど毎年、地震、火事または流行病など、何かの災厄に見舞われる。1858年(安政五)は大火の年で、四月には江戸で長崎全市ほどの広い町が灰燼に帰した。このことは艦長役の勝氏が夫人から受取った音信によって私に語って知らせたのであるが、勝氏の全財産はその大火のために失われたとのことである。それだのに勝氏は笑いながら「いや、それしきのこと、何でもござらぬ、18561年の折はもっと凄うござった」と平気で付言していた。実際、この世の事はすべてが比較的である。
 四月十五日、港内を帆走していた十一人乗りのスループが顚覆したのを見たとき、容易ならぬ椿事に見舞われたと思ったが、舵手のデ・ラッペル君の機転によって何の不祥事もなくて済んだ。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A