2007年02月15日

長崎海軍伝習所3

東洋諸国と日本の違い

 海軍伝習所教育班班長のファン・カッテンディーケ著「長崎海軍伝習所の日々」から、日本のお寺や婦人についての観察の記述を見てみます。
写真は当時の長崎の町
kajiyajachi.jpg

引用開始
 1855年(安政二)にオランダ国王ヴィルレム三世陛下は、将軍に一隻の蒸気船を献上された。その時、同時にその船を用いて日本人を教育するために、将校機関部員および水兵をもって組織された一派遣隊をも付け給うた。日本人は欣んでその国王の思召しを受けるとともに、感激のあまり同派遣隊所属の人々には、二百年来厳守された規則をなげうって、自由に長崎市の内外を往来しうることすらも許可したのである。

 これら士官および部下たちは日本に雇われているのではなくて、蘭領東インド派遣のオランダ艦隊に属し、給料はオランダ政府から支給されたのである。その指揮官は、日本人に航海学の教育を授ける任務を帯びていた。
 将軍はこれら派遣隊の出島滞在に要する費用に対し、金銭的補償も与えないで派遣隊をただで使うこと欲しなかった。そこで一定の手当を支給したが、なおこの他にもいろいろの恩賞があったから、両者を合すればかなり莫大な額に上ったといえるだろう。・・・・・

 私は日本人が常に我々に対し、及ぶ限りの優しみをもって接し、未だかつて何事も私に相談することなしに、勝手に行ったことなどなかったことを認めねばならぬ。・・・・・
 ヨーロッパでは日本および日本人に対し先入主を持っているが、それもあながち無理もない。例えばキリスト教徒に対する残虐な掃滅、二世紀以上も頑迷に固守された鎖国、オランダ人の出島幽閉――これは何れの著書も憤激に満たされている――のごとき事実は、ヨーロッパ人をして日本人に良い感じを持たしめない理由である。

 しかし、日本人の外国人取扱いを非難する者は先ず1848年に出版されたフォルブスの著『支那滞在の五ヵ年』を一読するがよかろう。その一節に次のようなことが書いてある。
「イギリス人は広東で、自宅に檻禁されているも同然である。散歩しようとて散歩する町が殆どない。たまたま町に出れば侮辱されるに定まっている。いや自宅においてすら、狂暴な民衆を防ぐに安全を感じられないことを経験した。些細な原因でも、きっと激昂の酬いが憐れな外国人の頭上に下され、自分の家が損害賠償を受ける微塵の望みもなくして民衆にブチ毀されていくのを見ていなければならない」
 これによっても我々の隣国人たるイギリス人が、ただ将来の飛躍を望むばかりに、つい最近まで、広東でどれほど酷い目に遭うのを隠忍したかをよく知ることができる。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A