2007年02月11日

海幸彦と山幸彦

さて、いよいよ神武天皇に近づいてきました。丁度今日は紀元節・建国記念の日。そして皆様もよくお聞きになったと思いますが、ここでは海幸彦と、神武天皇の祖父にあたる山幸彦のお話を掲載します。
神話に関しては、本からの贈り物様と杳路庵摘録日乗様の所で楽しいご本が紹介されています。
hoori.jpg

 さて、ホデリノ命は海幸彦として、大小さまざまな魚を取り、ホヲリノ命は山幸彦として、大小さまざまの獣をお取りになった。ある時ホヲリノ命が兄のホデリノ命に「それぞれ猟具と漁具を交換して使ってみよう」と言って幾度もお願いになったが許されなかった。しかしやっとのことで取り替えてもらうことができた。
 そこでホヲリノ命は漁具をもって魚釣りをされたが、一匹の魚も釣れず、その上釣針を海で失ってしまわれた
 そこで兄のホデリノ命はその針を求めて「山の獲物も海の獲物も、自分の道具でなくてはだめだ、今はそれぞれの道具を返そう」と言うと、弟のホヲリノ命は答えて「あなたの釣針は、魚を釣ろうとしても一匹も釣れず、とうとう海に失くしてしまいました」と言われた。けれども兄は無理やり返せと責めたてた。そこで弟は着けていた十拳剣を砕いて、五百本の釣針を作って償おうとされたが、兄は受取らず、また千本の釣針を作って償おうとされたが受取らないで、「もとの釣針を返せ」と言った。

 弟が泣き悲しんで海辺におられた時に、塩椎神(しおつちのかみ)が来て、「虚空津日高(そらつひこ[ホヲリノ命を指す])が泣き悲しんでいるのは、どういうわけですか」と尋ねると、「私と兄と釣針を取り替えて、その釣針を失くしてしまったのです。それで釣針を返せと言われるので、沢山の釣針で償おうとしましたが受取ってくれず、『もとの釣針を返せ』と言うので泣き悲しんでいるのです」と仰せられた。

 そこでシオツチノ神が、「私があなたのために良いことを考えましょう」と言って、すぐに竹を隙間なく編んだ籠の小船を造って、その船にホヲリノ命を乗せて、「私がこの船を押し流しましたら、しばらくそのままお進みなさいませ。よい潮路がありましょう。そこでその潮路に乗ってお進みになったならば、魚の鱗のように家を並べて作った宮殿があって、それが綿津見神(わたつみのかみ)の御殿です。その神の宮の御門においでになられましたら、傍らの泉のほとりに神聖な桂の木があるでしょう。そしてその木の上にいらっしゃれば、その海神(わたつみのかみ)の娘があなたのお姿を見て、取り計らってくれるでしょう」と教えた。

 そこで教えの通りに少しお進みになると、全てその言葉の通りであったから、ただちにその桂の木に登っておいでになった。するとワタツミノ神の娘の豊玉比売(とよたまびめ)の侍女が、器を持って水を汲もうとしたとき、泉の水に光がさしていた。ふり仰いで見ると美しい立派な男子がいたので大変不思議に思った。このときホヲリノ命はその侍女の姿を見て、水がほしいと所望なさった。侍女はすぐに水を汲んで器に入れて差し上げた。
 ところが、水を飲まずに、お頚にかけた玉を解いて口に含んで、その器に吐き入れなさった。するとその玉は器にくっついて、侍女は玉を外すことができなかった。それで玉の着いたままの器をトヨタマビメノ命に差し上げた。
続きを読む
posted by 小楠 at 09:23| Comment(4) | TrackBack(1) | 古事記で見る日本