2007年02月10日

天孫の降臨

 今日は古事記の前回からの続きを掲載しておきます。神話でも重要な位置にある、天孫降臨の部分です。
sakuya.jpg

※道案内の神、猿田毘古神
 さて、日子番能邇邇芸命(ヒコホノニニギノミコト)が天降りなさろうとする時に、道中の多くの道に分かれる辻に、上は高天原を照らし、下は葦原中国を照らす神がいた。
 そこで、天照大御神と高木神の仰せで、天宇受売神(あめのうずめのかみ)に「あなたはか弱い女であるが、向き合った神に気おくれしない神である。そこで、あなた一人で行って、『吾が御子が天降りする道に、どうしてこのように居るのか』と聞いて欲しい」と仰せになった。そこでアメノウズメノ神が問われたことに答えて「私は地上の神で名前は猿田毘古神(さるたひこのかみ)といいます。ここに出ているわけは、天つ神の御子が天降りされると聞きましたゆえ、道案内の役目としてお仕えしようと思って、お迎えに参りました」と申し上げた。

※天孫降臨
 こうして、アメノコヤネの命とフトダマの命、アメノウズメの命、イシコリドメの命、タマノオヤの命、合わせて五つに分かれた部族の長を加えて天降らせになった。その時に、石屋戸からお招きした八尺(やさか)の勾玉・鏡[八咫の鏡(やたのかがみ)]、また草なぎの剣[天叢雲剣]、また常世のオモヒカネの神・タヂカラヲの神・アメノイワトワケの神をもお加えになり、天照大御神は「この鏡はひたすら私の御魂として、私を拝むのと同じように敬ってお祭りしなさい。次に
オモヒカネの神は、私の祭りに関することをとり扱って政をしなさい」と仰せられた。

 この二柱の神(天照大御神と思金神)は、五十鈴の宮に丁重に祭ってある
 次に登由気神(とゆけのかみ)は渡会の外宮に鎮座されている神である。
 次にアメノイワトワケの神、亦の名は櫛石窓神(くしいわまどのかみ)と言い、亦の名は豊石窓神(とよいわまどのかみ)と言う。この神は宮門守護の神である。次にタヂカラヲの神は伊勢の佐那県(さなのあがた)に鎮座しておられる。そして、かのアメノコヤネの命は、中臣連(なかおみのむらぢ)らの祖神であり、フトダマの命は忌部首(いむべのおびと)らの祖神であり、アメノウズメの命は、猿女君(さるめのきみ)らの祖神であり、イシコリドメの命は作鏡連(かがみつくりのむらじ)らの祖神であり、タマノオヤの命は玉祖連(たまのおやのむらじ)らの祖神である。

 さてそこで、天つ神はヒコホノニニギノ命に仰せを賜り、ニニギノ命は高天原の神座をつき離し、天の幾重にもたなびく雲を押し分け、神威で道をかき分けかき分けて、天の浮橋から浮島にお立ちになり、筑紫の日向の高千穂の霊峰に天降りになった。その時、天忍日命(あめのおしひのみこと)と天津久米命(あめのつくめのみこと)の二人が、立派な靫を負い、頭椎の太刀を腰に着け天のはじ弓を手に執り、天の真鹿児矢を手に挟んで、先に立ってお仕え申し上げた。彼らは大伴連(おおとものむらじ)らの祖先と久米直(くめあたい)らの祖先である。
続きを読む
posted by 小楠 at 08:13| Comment(2) | TrackBack(1) | 古事記で見る日本