2007年02月09日

明治日本体験記V

グリフィスが見た日本女性の地位

1870年12月29日〜1874年7月25日の日本
今回はグリフィスが感じ見た日本女性の地位について書かれている部分を見てみましょう。
グリフィス著「明治日本体験記」から
griffis.jpg

引用開始
 しかし、アジア的生活の研究者は、日本に来ると、他の国と比べて日本の女性の地位に大いに満足する。ここでは女性が東洋の他の国で観察される地位よりもずっと尊敬と思いやりで遇せられているのがわかる。日本の女性はより大きな自由を許されていて、そのためより多くの尊厳と自信を持っている。
 子女の教育はよくなっており、この国の記録にはおそらくアジアのどの国よりはるかに多くのすぐれた女性が現れるだろう。まさにそういう時機に、公立・私立の女学校が開設されて、女学生が通学している。・・・・・・

 この問題の根は銭湯をのぞいたぐらいでは見つからない。歴史、文学、芸術、理想を調べてみなければならない。それには西洋の理想や偏見を基準にしてはいけない。西洋人が潔白であり宗教的だと見なしているものの中に非難すべきことが多くあるのを、日本人は正しい目で見ている。だからこれらの判断は公平でなければいけない。

 百二十三人の日本の君主のうち九人までが女性であった。神権の管理人は処女の神官である。日本の女性はその機知と天才によって母国語を文学語にした。文学、芸術、詩歌、歌謡において、名声と栄誉の長い巻物にのっていて、その額に日本人が少なくとも高名の色あせない花輪を置いた最も輝かしい人たちのなかに、女性の名前がまじっている。その女性たちの記憶は、暗唱、引用、読書、屏風、巻物、記念碑、壁、扇、茶碗の上の文章や絵画など、太平洋の東と西の外国人讃美者さえ喜ばす絶妙な芸術作品として、いまなおみずみずしく残っている。

 紳士淑女の道、道徳律、宗教的戒律が手本として試されるような人生の難儀にあたって、日本人の示した栄光、勇気、艱難に耐えること、立派な死に際、親孝行、妻の愛情などの記録が残っている。中でも歴史と物語文学、実際の日常の出来事のなかに、男性に課せられたどんな苦しみや悲しみも共にする女性の力と意志が示された例がいくらでもある。・・・・・

 女性についてこれまでのところ、私の意見は、世界のカスが日本のカスと出会う港町の生活をいそいで垣間見た結果ではなく、内地の都市や日本の首都に数年生活してみてわかったものであることを忘れないでほしい。さらに私は日本の普通の女性を他の国の普通の女性と並べて見ている。また神国の男性と社会との関係で女性の地位を述べている。そしてアジアの他の諸国に比べて日本は、女性に対する尊敬と名誉にかけてはアジアの指導者であると信じたい。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A