2007年02月08日

明治日本体験記W

グリフィスの見た封建制決別の日

1870年12月29日〜1874年7月25日の日本
ここではグリフィスが見た廃藩置県(1871年8月29日)に伴う封建制との決別その時を、福井藩での人々の動揺の様子を通じて、見てみましょう。
グリフィス著「明治日本体験記」から。
絵はカゴに乗るグリフィス
kago.jpg
引用開始
 七月十八日(1871年)
 まさに青天の霹靂!政治の大変動が地震のように日本を中心から揺り動かした。その影響はこの福井でもよく観察できた。今日、町の武士の家には激しい興奮が渦巻いている。武士の中には三岡(福井藩士、由利公正)を殺すとおどしている者がいるという。というのは三岡は1868年の功績で収入を得、また福井で長い間、改革と国家の進歩の中心人物であったからである。

 今朝十時に、東京からの使者が藩庁に着く。にわかに学校で騒動が起きた。日本人教師と役人が全員、学監室に呼び出された。数分後に会うと、その人たちの大方は顔が青ざめ、興奮していた。・・・・・
 たった今届いた天皇の声明によると、武士の世襲の所得を減らし、名目だけで任務のない役所を廃止し、それに付けた給金は天皇の国庫に渡すよう命じている。
 役人の数は最小限まで減らす、藩の財産は天皇の政府のものになる。福井藩は中央政府の一県に変わる、そして役人はすべて東京から直接に任命されることになる。

 この変化は私にいい影響を与える。いままで学校の管理に十四人の役人があたっていた。「船頭多くして舟山に登る」。ところが今は、わずか四人。藩庁から役人が訪ねてきて、私の四人の護衛者と八人の門番が免職になると告げた。これからは二人の門番しかいない。福井の地方役人の数は五百から七十に減らされる。役人という厄介者を振り捨てるところである。昔から日本の最大の災いは働かない役人とごくつぶしが多過ぎることであった・・・・新生日本万歳。

七月十九日
 今日の学校は、役人は不在。そのため私の教える科には、いつもの役人の騒ぎ立てや邪魔がなかった。特筆すべきことだ。学監室は空っぽだった。・・・・・
 県庁の定員は昨日までの太った身体が骸骨になったように、最小限度になった。学生が言うには、町の老人の中には心配で気が狂いそうな人がいるし、少数の乱暴者がまだ三岡らの天皇支持者を、こんな状態にしたのはお前らだ、殺してやると言っている。
 けれどもちゃんとした武士や有力者は異口同音に、天皇の命令を褒めている。それは福井のためでなく、国のために必要なことで、国状の変化と時代の要求だと言っている。日本の将来について意気揚々と語る者もいた。「これからの日本は、あなたの国やイギリスのような国々の仲間入りができる」と言った。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:45| Comment(2) | TrackBack(1) | 外国人の見た日本A