2007年02月07日

明治日本体験記V

女性蔑視どころか、かかあ天下の日本

1870年12月29日〜1874年7月25日の日本
 ここではグリフィスの住んだ家、生活の一部についての記述を見てみましょう。
グリフィス著「明治日本体験記」から。
絵は後にグリフィスのために立てられた家のスケッチ
home.jpg

引用開始
 私に当てられた古い屋敷は建てられてから百九十七年たっていて、これまで代々同じ一族が住んでいた。この家は柴田勝家の古城があった所に建っていた。・・・・・・それは堅い材木でできた大きな古い家で、広い部屋と長い明るい廊下があった。幅六十フィート、奥行き百フィートの一階建てだが・・・・・部屋数は全部で十二。床はやわらかくてきれいな畳が敷いてあり、・・・・。
 このようにしてこの住居で数世紀にわたって、先祖代々の地所の上で、一族が平和にくらし、繁栄してきた。

 やがて外国人がやって来ていろいろな災難が起きた・・内乱、革命、将軍の打倒、天皇の再興、封建制度の強制的廃止と。大変化が福井の様子を変えた。知行高が減って、一族は粗末な場所に移り、家来や小作人は散り散りになり、そして今外国人がここに来た。・・・・
 古い文明を破壊するための新しい文明を持ってくるのを手伝いに、知識の建築者として私は福井に来た。しかし、因習打破主義者になることは難しかった。しばしば自分に問うた。なぜこの人たちをそのままにしておいてはいけないのか。みんな充分に幸福そうだ。「知識を増すものは憂いを増す」というではないか。古い祠でさえ、人間の信仰と崇拝を神聖にするため奉納されてきたのだ。この見捨てられた神殿の石を取り除くのは、私ではなく、誰か他人の手にまかせねばならない。かつて位牌があり、燈明と香が燃えていた家族の小礼拝堂(仏間)を、食堂にするとは何といやしい考えか。・・・・・
 信仰もまたそうである。もしも私達の信仰が神聖なら、他人の信仰も神聖なのだ。・・・・・・

 家の同居者について一言ふれないわけにはいかない。日本到着の第一日目に召使が選ばれて、未来の主人に会わせに連れられてきた。佐平をはじめて見た時、佐々木がもっと顔立ちのいい男を召使として選んでくれなかったのが残念で仕方なかった。・・・・・
 また最初、新しい召使が独り者だと思って失望した。家族のある既婚の男に来てもらうつもりだった。その方が同じ屋根の下で実際の日本人の生活を見ることができると思ったからである。・・・・・
 このように失望は大きかったが、反面、うれしいこともあった。佐平は百姓の出ではなかった。東京へ旅をしたことがあった。小者として戦いに出たこともあった。頭がよくて人に仕えるのに適していた。職業はかつて大工であったから、家のことを手際よくした。・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:54| Comment(7) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A