2007年02月06日

明治日本体験記U

1870年12月29日〜1874年7月25日の日本
 これより先福井藩主、松平春嶽に呼ばれて来た熊本藩士、横井小楠は春嶽に大きな影響を与え、この本の著者グリフィスも、小楠の「学政一致」の思想の分析をしたりしています。
 私がこのブログでHNとして使っているのは、この横井小楠から借りたものです。
写真は横井小楠
shonan.jpg

グリフィス著「明治日本体験記」から、今回は、福井藩主の歓迎のあたりをご紹介します。

引用開始
 藩庁の大広間には藩主と重臣が私を待っていて、中村が護衛をし、岩淵が同席して通訳をすることになっていた。
 一行が乗った馬は大名屋敷前の大名通りと呼ぶ堀に面した広い通りを進んだ。・・・
 藩庁の正門に着いて馬を下りた。・・・小石を敷いた庭の広い石畳の道を通って行った。戸口の前に大きな高い玄関がある。小姓がひざまづいて迎えてくれた。また役人の一人が絹ずれの音をたてて迎えに出て来た。

 靴を脱いで中に入った。やわらかくて念の入った清潔な畳の廊下を通って謁見の間に着くと、型どおりに中に案内された。小姓と侍者がひざまづく。 大名と六人の家臣が立って迎えてくれた。テーブル、椅子、握手は当時まだ新しい物事であったが、そこにはすでにあった。藩主の前に進み出て礼をすると、藩主は寄って来て手を差し出し、あとで知ったことだが、歓迎の言葉を述べた。
 握手の後、藩主から直筆の手紙を渡された。岩淵は最初から畳に両手両膝をつけ、顔をふせて座り、上目遣いに話した。次に長い名前の身分の高い家臣を紹介された。全員がテーブルについた。・・・

 十歳から十二歳のかわいい男の子の小姓が小さな茶碗を金属の茶托にのせて運んできた。みんなが茶碗を持ち上げると、小姓は低くおじぎをして静かに出て行った。
 藩主と家臣から、名前と身分が漢字で書いてある、人目をひく白い紙切れの名刺を渡された。
 松平茂昭、福井藩主。小笠原盛徳、大参事。村田氏寿、大参事。千本久信、副参事。大谷遜、権小参事。大宮定清、家令職。
 にぎやかな話し合いになった。おかげで岩縁の二枚の舌は一時間近くいそがしかった。初対面の堅苦しさが解けてきてくつろいだ気持になり、そのうち愉快になってきた。そして終わりごろにはお互いにうまくやっていけると諒解しあっていた。
 アメリカ人の自由と日本人の気楽さが初めての者同士を友達にしたと言えよう。教育と文化が、二つの民族、宗教、文明に横たわる湾にたやすく橋を架けるのである。この上品で洗練された紳士たちの前で、私は心から打ち解け、一時間が楽しく過ぎた。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A