2007年02月05日

明治日本体験記T

 今回ご紹介する本は、グリフィス(1843〜1928)というアメリカ人教師の記録です。
 ウイリアム・エリオット・グリフィスは、福井藩の招きで、自然科学の教師として、明治維新直後の、1870年12月29日に27歳の時日本に着き、1874年7月25日までを日本で過ごしました。
写真は渋沢栄一の招きで五十年ぶりに来日したグリフィス夫妻
mrgriffis.jpg

グリフィス著「明治日本体験記」(原書は1876年初版)から一部をご紹介します。
ここは、大阪から淀川をさか上って、伏見を通り、滋賀県の大津に到着し敦賀を経て福井にたどり着くあたりの記録です。
写真は明治初年の大津付近
ootsu.jpg

引用開始
 通訳の岩淵が福井からの五人の武士の到着を告げた。アメリカ人を迎えに百三十マイルを旅してきたところであった。・・・・
 襖が開くと、五人の頑丈な男が入ってきて、こちら向きに前へならって一列に立った。どんな儀式が始まるのかひそかに待ち受けた。一瞬のうちに男たちは床の上に膝を折って座り、両手を伏せて、そのままたっぷり十五秒間、頭を下げていた。それからパッと身を起して、羽織を広げて、はかまに手を入れて正座下。次に代表が岩淵にものものしい書状を渡して読むように言った。それは福井の大名からのもので、福井の政府筋の挨拶と福井までアメリカ人教師をおつれするよう述べてあった。・・・・

 不意の客と予告してある客についての差別は、旅館とその経営者に関していうと、高度な文明国と同様に日本にもある。冬、日本の宿屋に突然入ると、冷蔵庫にいるほど身震ぶるいが生じ、しびれをきらしてわびしく待つ間、グリーンランドのことを思いやっていると、ようやく火と食事が運ばれ、体が暖まり気分が和らぐ。けれども大津では、馬を中庭に乗り入れると、赤々と燃える火が用意してあった。靴と外套を脱ぐと、最上の部屋に案内された。寝床には絹のふとんが重ねて敷いてあり、部屋の真ん中にこたつがあったのが最高にうれしかった。気の毒だが文明国の読者、西洋の未開人には、こたつが何かわかりますか。わからなければ教えましょう。

 部屋の真ん中のあの一フィート四方の畳をあげてみなさい。そこに深さ数インチの石で内張りしたくぼみがある。太った赤いほっぺたの女中が十能いっぱいの燃えている炭をそこに入れる。その上から櫓を真似てその名をとった「やぐら」という高さ一フィートの木の枠を置く。さらにその上に大きなふとんを広げて掛ける。それは即席のむろで、ふとんをまわりにかけて体を焼くのである。なかに小さな熱の天国があって、体のふるえをぽかぽかするぬくもりに変えてくれる。日本が未開の国でひどい所だと信じている不平家を、十分間で、この国は天国だと喜んで言明する熱狂的な人に変えるのが、こたつであると断言してもさしつかえない。・・・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A