2007年02月03日

大国主神の国譲り

 また古事記の続きを掲載します。
 いよいよ国譲り神話まで来ました。前回との間にも一つ物語がありますが飛ばして行きます。
 また、国譲りは、出雲側からは国造りをされた方へ奉還する、つまりお返しするという立場だと言うことです。
mikazuchi.jpg

※建御雷神(たけみかづちのかみ)と事代主神(ことしろぬしのかみ)
 天照大御神は「今度はどの神を遣わすのがいいでしょうか」と仰せられた。そこでオモイカネの神や諸々の神が、「天の安河の川上の天の石屋におられる、伊都之尾羽張神(いつのおはばりのかみ)という名の神を遣わせばよいでしょう。もしこの神でなければ、その神の子のタケミカズチノヲノ神を遣わすとよいでしょう。またそのアマノオハバリの神は、天の安河の水を逆に塞き上げて、道を塞いでいますので、他の神は行くことができないでしょうから、特に天迦久神(あめのかくのかみ)を遣わして問われたらいいでしょう」と申し上げた。

 そこでアメノカクの神を遣わして、アメノオハバリの神に問われると、「畏まりました。お仕え申し上げましょう。しかし、このお役目には我が子のタケミカヅチの神を遣わすのがいいでしょう」と申し上げて、ただちに差し出した。そして、天鳥船神(あめのとりふねのかみ)をタケミカヅチの神に副えてお遣わしになった。
 そんなわけで、この二柱の神は出雲の国の伊耶佐の小浜に降り着いて、十拳剣(とつかつるぎ)を抜き、逆さに波頭に刺し立て、その剣の切先にあぐらをかいて坐り、オホクニヌシの神に問いかけて、「天照大御神と高木神の命でそなたの意向を聞きに遣わされた者である。そなたの領有する葦原中国は、我が御子の治める国としてご委任になった国である。そなたの考えはどうなのか」と仰せになった。

 これに答えて「私には返事ができません。我が子の八重言代主神(やえことしろぬしのかみ)がお答えするでしょう。しかし、鳥狩や魚取りで、美保の岬へ行って、まだ戻っておりません」と申した。そこで天鳥船神を遣わしてヤエコトシロヌシの神を呼び寄せてお尋ねになったところ、その父の大神に「畏まりました。この国は天つ神の御子に奉りましょう」と言って、ただちに乗ってきた船を踏み傾けて、天の逆手を打って、青葉の柴垣に変えて、隠れてしまった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 古事記で見る日本