2007年02月02日

米国夫人の大正日本記2

 1919年(大正八年)6月から1922年(大正十一年)夏まで、大正時代の横浜に住んだアメリカ夫人の著作。
セオダテ・ジョフリー著「横浜ものがたり」の一部をご紹介します。本名はドロシー・ガッドフリー・ウェイマン(1893〜1975)
写真は本牧の家で息子たちとドロシー。
dorothy4.jpg

※契約万能に侵される日本
引用開始
 日本に着いてから初めての夏、私は山手の家を住みよくするため、ウスイ(専属の人力車夫)と一緒に随分店屋を回ったものだった。そうした或る日、弁天通りの陶器屋のウィンドーで美しい花瓶を見つけ、そこの主人に同じデザインでディナー・セットを注文したいと聞いてみた。
「できますよ、オクサン。でもこの絵付師から見積りをもらうことはできません」という返事であった。
(写真は、ウスイとドロシー)
dorothy2.jpg

 古参者達からよく注意されていた私は、注文を出す前にどうしても見積書を出すように主張した。さんざんああだこうだと苛立たせたあと、奇妙な発音通りのアルファベットで書いた見積りをよこした。それによるとディナー・セットは九十円、三ヶ月後のでき上がりということであった。
 その後間もなく、着物を着た小僧がよろよろと自転車に乗ってデザインのスケッチを六枚持ってきた。いずれも日本の歴史的逸話を画いた美しい下絵であった。鎧や衣裳の詳細は勿論のこと、無造作な黒い髪の毛もよく見ると一本一本丁寧に画かれていた。

 三ヶ月の待望期間が過ぎると、私は喜び勇んでディナー・セットを受取りに陶器屋に赴いた。その後週に二、三回は催促に行くようになったが、それがまた三ヶ月続いた。店の主人が苦笑しながら言うことには「しかたがない」だけである。そして巧みな商法で、良いセットができるまでと私はもう一セットのディナー・セットを買わされてしまった。
 漸くセットが我が家に運ばれた時、私の長い忍耐は充分に報いられた。美術愛好家は晩餐の席で、このような芸術品はものを食べるのに使うのはあまりに勿体無い、美術館に属する傑作だと賞賛を惜しまなかった。私は図らずも日本最高の芸術家の創作によるすばらしい食器の持主になってしまったことに気がついた。

 この事は私を俄に欲張りにして、絵師が生きているうちにもっと作品を手に入れようと思い立った。陶器屋の店主はもう作品は望めないと言い張って、どうしても注文は受け付けてくれなかったが絵師の住所は教えてくれた。・・・・・
 サイトー・ホードーの工房は、テラスの農園を上った山の上の岩にこびりつくように建っていた。彼の妻が入れてくれたお茶をいただきながら、私は通訳を通じてどんなに彼の芸術を評価しているかを話し、もっと蒐集を増やしたいと頼んだ。
 ホードーは前かがみの小男で、金縁眼鏡をかけた取り付きにくい人物であった。彼は私の賞賛を冷たく聞き流し、追加注文は頑として引受けなかった。・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A