2007年01月29日

古事記、天の石屋戸

 ここにはまた神の名が多く出てきますが、続きを考えて、必要な神だけのご紹介に止めます。つづいて有名な天の岩戸のお話となります。
iwato.jpg

※神の誓約(うけひ『正邪吉凶などの判断』)生み
 そこで天照大御神が仰せられるには、「では、お前の心の清く明らかなことはどうすれば判るのか」と問われた。それで速須佐之男命が答えて「それぞれ誓約して子を産みましょう」と申し上げた。こうして各々天の安河を中にはさんで誓約する時に、天照大御神が先ず、建速(たけはや)須佐之男命が帯びている十拳剣(とつかつるぎ)を受け取り、これを三つに折り玉の触れ合う音とともに天の真名井(まない『神聖な泉』)に振り濯(すす)いで、何度も噛み砕いて噴出す息の霧から成った神の御名は、・・・・
の三柱。

 速須佐之男命は、天照大御神の左の御みづらに巻かれた長い、多くの勾玉を通した珠を受け取って、玉の音とともに天の真名井に振り濯いで、何度も噛み砕いて噴出す息の霧から成った神の御名は、正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)。また右の御みづらに巻かれた珠を受け取って、何度も噛み砕いて噴出す息の霧から成った神の御名は、天之菩卑能命(あまのほひののみこと)である。
・・・・あわせて五柱。

 そこで天照大御神が速須佐之男命に、「この後に生まれた五柱の男子は、自分の持ち物から成ったのであるから、当然我が子である。先に生まれた三柱の女子は、お前の持ち物から成ったのであるから、彼女らはお前の子である」と区別を告げられた。・・・・・
 先に生まれた三柱の神は、宗像君(むなかたのきみ)等があがめ祭っている三座の大神である。

※天の石屋戸(いわやど)
 この時、速須佐之男命が天照大御神に申すには、「私の心が清く明らかな故に、生んだ子はやさしい女の子でした。この証拠にもとづけば私の勝です」と言い、勝に乗じて天照大御神の営田(つくだ『耕作する田』)の畔を壊し、その溝を埋め、また天照大御神が新嘗祭の新穀を召し上がる神殿に、糞を撒き散らした。
 須佐之男命がそのようなことをしても、天照大御神はとがめたてせず、「糞のように見えるのは、我が弟の命が酔っ払って吐き散らしたものであろう。また田の畔を壊し、溝を埋めたのは、我が弟が、土地がもったいないと思ってしたことであろう」と言われたけれども、悪行は止まずますますひどくなった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 古事記で見る日本