2007年01月26日

古事記、天地の初め

 古事記成立の直接の動機は、天武天皇が稗田阿礼(ひえだのあれ)に勅語して、帝皇の日継(ひつぎ)と先代の旧辞をくり返し誦(よ)み習わせられたことですが、天武天皇が崩御されたためその計画は実行されなかった。しかし、天武天皇の御遺志は皇后であった持統天皇に受け継がれ、さらに天武天皇の崩御後二十五年を経て、天武天皇の姪にあたる元明天皇に受け継がれて、太安万侶の手で記され、和銅五年(712年)に献上されました。
 今回は、古事記の中からかいつまんでその物語をご紹介してみます。
eitaku1.jpg

参考書は、講談社学術文庫の古事記です。

※天地(あめつち)の初め
 天地(あめつち)が初めて発(ひら)けた時、高天原に成った神の名は、天之御中主神(あまのみなかぬしのかみ)、次に高御産巣日神(たかみむすひのかみ)、次に神産巣日(かむむすひのかみ)である。この三柱の神は、みな独神(ひとりがみ)として成り、その身(姿形)を隠されて[姿を現さない]いた。

 次に国がまだ稚(わか)く、脂の浮いたような状態で、海月(くらげ)のように漂っている時、葦牙(あしかび)のように萌え騰(あが)る物から成った神の名は、宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)、次に天之常立神(あめのとこたちのかみ)である。この二柱の神もみな独神で身を隠されていた。
 上(かみ)の件(くだり)の五柱の神は別[・・特別]な天(あま)つ神である。
 次に成った神の名は、国之常立神(くにのとこたちのかみ)、次に豊雲野神(とよくもののかみ)である。この二柱の神も独神として成り身を隠されていた。

 次に成られた神の名は、宇比地邇神(うひぢにのかみ)、次に妹須比智邇神(女神のすひぢにのかみ)である。
 次に角杙神(つのぐひのかみ)、次に妹活杙神(女神のいくぐひのかみ)である。
 次に意富斗能地神(おほとのぢのかみ)、次に妹大斗乃弁神(女神のおほとのべのかみ)、次に於母陀流神(おもだるのかみ)、次に妹阿夜訶志古泥神(女神のあやかしこねのかみ)である。次に伊邪那岐神(いざなきのかみ)、次に妹伊邪那美神(いざなみのかみ)である。
 上の件の国之常立神より以下、伊邪那美神より前を、併せて神世七代と称(い)う。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:25| Comment(2) | TrackBack(1) | 古事記で見る日本