2007年01月23日

歪められた日本神話5

神話学者の想像力について

 ここでは簡単に言うと、日本神話は、古いものほど新しく作られたものだという「架上説」を取り上げています。例えば、古事記でいちばん最初に現れる神は、実は最も新しく作られたものだというようなことです。
今回もそれらに対する解り易い批判の書から引用して見ます。
 荻野貞樹著「歪められた日本神話」より、
画像は永濯画の神話物語より
eitaku3.jpg

引用開始
 日本神話でっち上げ説も数ある中で、特徴的なものに「架上説」といわれるものがある。これは特にアメノミナカヌシを論ずる人がたいてい依拠するもので、いまの学者では松前健氏などはその急先鋒といえる。
 古事記ではアメノミナカヌシは、いちばん最初に現れる原初神である。しかるに古代伝承というものは上へ上へと積み上げられて生成するものであるから、最も古い神とされるアメノミナカヌシは、実は成立は最も新しいのである、という考え方がその骨子だ。
 津田左右吉ももちろん、都合のよいところにはこの説を援用しており、例えばイザナギ・イザナミはアマテラスが作られた後、その親として後でこしらえられた神だと言っている。・・・・
 表現がきわめてわかりやすいのでその松前氏の言うところを見よう。

「・・・私の考えを率直に申し上げれば、皇室の本来的な王権の祭式といえば、大嘗祭です。それの縁起話として稲穂を持った皇孫の天下り、すなわち天孫降臨の神話ができる。天孫降臨神話は天皇家の基本的神話ですが、なぜ天孫が降臨するかということの原因として出雲神話が語られ、スサノヲの神剣奉呈が語られる。このスサノヲの出雲下りの原因として天岩屋戸の神話が登場するのです。
 天岩戸の神話がいったんできあがると、次には、なぜ太陽の神が隠れたのだろうかという原因の探求がなされる。そこでスサノヲの天界荒らしの話が語り出されるというふうに、結局、各説話が原因・結果の関係になって互いに結びつき、天孫降臨そのものがいちばん本筋で中核的な理念となっている。この原因として次々にそれ以前のこととして述べられている説話は、かえって新しくつけ加えられたものにちがいない。・・・」
続きを読む
posted by 小楠 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の日本